日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成16年8月1日 永代経

寂日坊御書

寂日坊御書(御書一三九三頁)  
弘安二年九月一六日 五八歳

寂日坊御書(御書一三九三頁)

 夫人身をうくる事はまれなり。已にまれなる人身をうけたり。又あひがたきは仏法、是又あへり。同じ仏法の中にも法華経の題目にあひたてまつる。結句題目の行者となれり。まことにまことに過去十万億の諸仏供養の者なり。
 日蓮は日本第一の法華経の行者なり。すでに勧持品の二十行の偈の文は日本国の中には日蓮一人よめり。八十万億那由他の菩薩は口には宣べたれども修行したる人一人もなし。不思議の日蓮をうみ出だせし父母は日本国の一切衆生の中には大果報の人なり。父母となり其の子となるも必ず宿習なり。若し日蓮が法華経・釈迦如来の御使ひならば父母あに其の故なからんや


【通解】

 人間として生まれるのはめったにないことです。その希な人間に生まれました。仏法にめぐり逢うことも難しいことです。しかし、これも縁をしております。その上、仏法の中でも最も貴い法華経の題目にめぐり逢うことが叶っております。そして、南無妙法蓮華経と唱える修行をすることができております。この因縁を考えてみますと、過去世において十万億という多くの仏に供養をした功徳です。

 日蓮は日本第一の法華経の行者です。法華経の勧持品で説かれる、三類の強敵を呼び起こし、一身に法難を受けたのは日蓮の外にはおりません。そのことがなによりの証明です。八十万億那由他の菩薩たちは口ではそのようなことを言いましたが、実践はありませんでした。このような不思議な日蓮を産み育んだ父母は日本国中で第一の大果報の人です。父母となりその子供となるのも過去世の宿習です。もし日蓮が法華経・釈迦如来のお使いだとすれば、日蓮を産み育んだ父母もまたお使いです。


【ポイント】

 仏法には偶然はありません。その上からこの御文を拝しますと、人間に生まれたことをあたりまえのように思っていることを反省しなくてはなりませんね。あたりまえとは思わないまでも忘れがちですね。犬や猫などの畜生界に生を受けておればいかがでしょうか。犬や猫ならばまだしも、蚊や蝿だったら・・・。仏法の「因果応報」は厳しい教えです。ですからこうして人界に生を受けたことを有り難いと感謝しなくてはなりません。

 また人間として生まれても、イスラム教やキリスト教に縁をするのではなく、仏法に縁をすることがどれほど難しいかを考えなくてはなりません。さらに、仏法でも法華経に縁をすることができ、ただ縁をするのみばかりか、積極的にお題目を唱えることがいかに貴いことであるかを知らねばなりません。

 幸いなことに、私たちは御法主上人の御指南のもとで、富士大石寺の大御本尊様にお題目を唱えることが叶っております。したがいまして、私たちの両親は、「父母は日本国の一切衆生の中には大果報の人なり」という大きな功徳の中に住することができます。それも、現在のみなさまのご信心によるのです。「この経を持つは父母の恩を報ずるなり」との御文が思い出されますね。

 盂蘭盆御書には「子供の目連が成仏することにより父母の成仏がかなう」とありましたね。今のみなさまも同じです。みなさまがお題目を唱え、折伏をすることにより、ご両親をはじめとするご先祖やご縁の方々を成仏に導くことができる、と大聖人様が教えて下さるのです。

 今年はことのほか暑い毎日ですが、暑さに負けないように唱題を重ねましょう。夏の苦しい修行があってはじめて、秋の収穫がより楽しくなります。「苦なくして楽なし」です。ご精進ご精進。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺