日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成17年1月1日

十字御書

十字御書 新編御書一五五一頁
弘安四年一月五日 六〇歳

十字御書 (新編御書 一五五一頁)

 十字一百まい・かしひとこ給び了んぬ。正月の一日は日のはじめ、月の始め、としのはじめ、春の始め。此をもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく、日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく、とくもまさり人にもあいせられ候なり。

 抑地獄と仏とはいづれの所に候ぞとたづね候へば、或は地の下と申す経もあり、或は西方等と申す経も候。しかれども委細にたづね候へば、我等が五尺の身の内に候とみへて候。さもやをぼへ候事は、我等が心の内に父をあなづり、母ををろかにする人は地獄其の人の心の内に候。譬へば蓮のたねの中に花と菓とのみゆるがごとし。仏と申す事も我等が心の内にをはします。譬へば石の中に火あり、珠の中に財のあるがごとし。我等凡夫はまつげのちかきと虚空のとをきとは見候事なし。我等が心の内に仏はをはしましけるを知り候はざりけるぞ。たゞし疑ひある事は、我等は父母の精血変じて人となりて候へば、三毒の根本、淫欲の源なり。いかでか仏はわたらせ給ふべきと疑ひ候へども、又うちかへしうちかへし案じ候へば、其のゆわれもやとをぼへ候。蓮はきよきもの、沼よりいでたり。せんだんはかうばしき物、大地よりをいたり。さくらはをもしろき物、木の中よりさきいづ。やうきひは見めよきもの、下女のはらよりむまれたり。月は山よりいでて山をてらす、わざわいは口より出でて身をやぶる。さいわいは心よりいでて我をかざる。

 今正月の始めに法華経をくやうしまいらせんとをぼしめす御心は、木より花のさき、池より蓮のつぼみ、雪山のせんだんのひらけ、月の始めて出づるなるべし。今日本国の法華経をかたきとして、わざわいを千里の外よりまねき出だせり。此をもってをもうに、今又法華経を信ずる人はさいわいを万里の外よりあつむべし。影は体より生ずるもの、法華経をかたきとする人の国は、体にかげのそうがごとくわざわい来たるべし。法華経を信ずる人はせんだんにかをばしさのそなえたるがごとし。又々申し候べし。

  正月五日
日 蓮  花押
 をもんすどのゝ女房御返事
 

【意訳】

 御本尊様への御供養の品々である、蒸し餅を百枚、籠に入った干し柿やかちぐりなどのお菓子を確かにお受けし、お供えをいたしました。

 正月の元旦は、日の始まり、月の始まり、年の始まり、春の始まりです。この日を大切に思い修行に励む人は、たとえば、月が西から東に向かってだんだんと満ちてゆくように、太陽が東から西に向かって大地を照らしだしてゆくように、福徳がより増(ま)さり、まわりの人たちからも大切にされるようになります。

 いったい地獄界と仏界とはどのようなもので、それがどこにあるのかを尋ね求めてみれば、ある経文には、地獄界は大地の下にある、と説かれています。また、ある経文には、仏界は西方浄土等にある、と説かれおります。しかし、よくよく経文を開き拝読しますと、仏界も地獄界も私たちの心の中にあることが明らかです。そのように思ってよくよく考えてみますと、私たちが、父親や母親にたいして、侮る心の時や乱暴に接する時は、私たちの心の中の地獄界が表面に出ている姿であると理解されます。たとえば、蓮華の種の中に花と実が一緒にあるのと同じです。仏界もこれとまったく同じで、私たちの心の中にあるのです。たとえば、石を打ち合わせると火が出るようなものであり、珠を磨けば宝物になるようなもので、仏界も心の中にあるのですが、私たち凡夫は近すぎるまつげや、遠すぎる宇宙のはてを見ることはできないのとおなじように、一番近い自らの生命の中に仏界があることに気づいてはおりません。

 ただし、そのように説かれていたとしても疑いがあります。それは、私たちが父母の精気や血液を受け継いで人となっているからです。したがって、凡夫の根本をなす貪りや瞋りや癡かな心や、みだらな欲望がものごとの始めにある私たちに、どうして仏界があるのか、ということです。しかし、よくよく考えてみますと、そのように説かれることも、なるほど、と思えます。その理由は、蓮の花は清浄な美しい花を咲かせますが、根は濁った泥沼にあります。栴壇は良い香りの木ですが、不淨とされる大地から芽を出します。春になると心を和ませる桜も、冬の間は木の中に隠れており見えませんが、やがて芽を出し花を咲かせます。美女の代名詞になっている楊貴妃も、身分の低い母から生まれました。月は山の端から出て天上に昇ると、こんどは出てきた山を照らします。おなじように悪口を言ったならば、それは我が身に返り身を滅ぼすことになります。反対に、善い行いは心から出て我が身を功徳で飾るようになります。

 いま一年の始まりである正月を、あなたは御本尊様を根本にされたお心で出発されます。御本尊様のもとから出発することは、枯れていたと思われた木から花が咲きほこるように、濁った泥沼の中で蓮が清らかなつぼみをつけるように、雪山に栴壇の木がが育つように、始めて月が出て真っ暗な闇が明るく照らしだされ、すべてが見渡すことができるようなものです。まことに大きな功徳を積むことができるのです。

 このような仏法で説き明かされる原因と結果の法則から考えると、現在の日本国中の人々は残念ながら御本尊様を敵のように思っております。ゆえに、わざわいを千里もの遠くから呼び寄せているのです。また、この法則を御本尊様の信仰に励む人の上にあてはめて考えますと、功徳が万里の遠くから集まってきます。影は本体より生まれます。御本尊様を謗る人の住む国は、本体から影が生まれるようにわざわいに襲われるのです。ありがたいことに、御本尊様にお題目を唱える私たちには、香りの良い栴壇がもっと香りが良くなるように、さらに大きな功徳を頂くことができます。

 この度はこれで失礼してまた申し上げましょう。

  正月五日

日蓮 花押

をもんすどのの女房御返事

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺