日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成17年3月1日 永代経

上野殿御返事

上野殿御返事 新編御書一四六三頁
弘安三年三月八日 五九歳

上野殿御返事 (御書  一四六三頁)

 故上野殿御忌日の僧膳料米一たはら、たしかに給び候ひ畢んぬ。御仏に供しまいらせて、自我偈一巻よみまいらせ候べし。
 孝養と申すはまづ不孝を知りて孝をしるべし。不孝と申すは酉夢と云ふ者、父を打ちしかば天雷身をさく。班婦と申せし者、母をのりしかば毒蛇来たりてのみき。阿闍世王父をころせしかば白癩病の人となりにき。波瑠璃王は親をころせしかば河上に火出でて現身に無間にをちにき。 他人をころしたるには、いまだかくの如くの例なし。不孝をもて思ふに孝養の功徳のおほきなる事もしられたり。外典三千余巻は他事なし、たゞ父母の孝養ばかりなり。しかれども現世をやしなひて後生をたすけず。
 父母の恩のおもき事は大海のごとし、現世をやしなひ後生をたすけざれば一Hのごとし。
 

【現代語訳】

 亡き南条兵衛七郎殿の十六回目の祥月命日にあたり、追善供養のために御供養された米を一俵確かに拝受いたしました。御本尊にお供えし法華経の自我偈を一巻読経しました。このたびの功徳は亡き父上にお送り申し上げました。
 親孝行について考えますに、まず親不孝を知ることによって本当の親孝行を知ることができます。そこで親不孝の過去における例を申し上げます。むかし中国にいた酉夢という者が父親を打ち殺したところ、雷が天上から落ちて酉夢の身を裂いてしまいました。同じく中国の班婦という者が母親を罵ったところ毒蛇が現れて班婦を飲み込んでしまいました。インドの摩竭陀国の王であった阿闍世王は父親の頻婆舎羅王を殺したことにより不治の病である白癩病になりました。波瑠璃王というインドの舎衛国の国王は、父の波斯匿王を殺した罪により、河に船を浮かべて遊興にふけっていたところに、船が火を噴いて生きたまま火に包まれ焼け死に、その後無間地獄に堕ちました。
 同じ人殺しであっても、他人を殺した者にはいまだこのように大きな罪を受けた例はありません。そこで、これらの親不孝の者に起こる厳しい報いを見ることにより、反対に親孝行の功徳の大きさを知ることができます。
 外典である中国の儒教や道教などの三千余の教えも他のことを説いてはおりません。ただ父母への孝養だけを説いております。しかし、外典では現世だけの孝養のみが説かれ、来世の孝養は説かれておりません。したがって、亡くなったあとを助けることはできないのです。
 父母の恩の大きく深いことは大海のようなものです。ところが、現世だけを助けて来世を助けないのは、一滴の水のようにわずかの孝養しかしていないことになります。


【語句の意】

○故上野殿=時光の父親。文永二年(一二六五)三月八日に亡くなった南条兵衛七郎のこと。戒名は「行増」と大聖人様より賜っている。

○忌日=命日忌のこと。一年に一回の命日を「祥月命日忌」といい、毎月を「命日忌」として追善供養をする。「祥月命日」とはつまびらかな月と日の意で亡くなった日のことをさす。

○僧膳料=僧侶に供える品物のこと。ここでは「米一俵」とあるように、お米を大聖人様に御供養したことが明らかである。他に御書には野菜や果物をお供えしたことが記されている。

○御仏=御本尊様のこと。大聖人様は仏像ではなく五字七字の曼荼羅を本尊として安置され「御仏」とされていた。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺