日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成17年4月28日 立宗会

三大秘法稟承事

三大秘法稟承事 (御書一五九四頁)
弘安五年四月八日  六一歳

三大秘法稟承事  (御書一五九四頁)

題目とは二意有り。所謂正像と末法となり。正法には天親菩薩・竜樹菩薩、題目を唱へさせ給ひしかども、自行計りにして唱へてさて止みぬ。像法には南岳・天台等は南無妙法蓮華経と唱へ給ひて、自行の為にして広く化他の為に説かず。是理行の題目なり。末法に入って今日蓮が唱ふる所の題目は前代に異なり、自行化他に亘りて南無妙法蓮華経なり。
 


【通解】

南無妙法蓮華経の題目に二通りの意味があります。それは、正法・像法時代の題目と末法の題目の相違です。正法時代には天親菩薩や龍樹菩薩が「南無妙法蓮華経」と題目を唱えましたがそれは自らの修行のためだけの題目でした。像法時代には南岳大師や天台大師が同じように「南無妙法蓮華経」と題目を唱えましたが、やはり自らの修行のためだけの題目であり、周囲の人々を教化する「化他」の題目ではありませんでした。これら正法・像法時代の題目は理行なのです。それに対し、日蓮が末法に唱える題目は前代とは違った題目です。どのように違うかといえば、自行と化他とが共に具わった題目なのです。自らが成仏するためだけではなく、周りの人々の成仏も同時に実現することの出来る南無妙法蓮華経の題目なのです。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺