日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成18年7月 御報恩御講

立正安国論

立正安国論 (御書二三四頁)
文応元年七月一六日 三九歳

立正安国論 (御書二三四頁)

 旅客来たりて嘆いて曰く、近年より近日に至るまで、天変・地夭・飢饉・疫癘遍く天下に満ち、広く地上に迸る。牛馬巷に斃れ、骸骨路に充てり。死を招くの輩既に大半に超え、之を悲しまざるの族敢へて一人も無し。然る間、或は利剣即是の文を専らにして西土教主の名を唱へ、或は衆病悉除の願を恃みて東方如来の経を誦し、或は病即消滅不老不死の詞を仰いで法華真実の妙文を崇め、或は七難即滅七福即生の句を信じて百座百講の儀を調へ、有るは秘密真言の教に因って五瓶の水を灑ぎ、有るは坐禅入定の儀を全うして空観の月を澄まし、若しくは七鬼神の号を書して千門に押し、若しくは五大力の形を図して万戸に懸け、若しくは天神地祗を拝して四角四堺の祭祀を企て、若しくは万民百姓哀れみて国主国宰の徳政を行なふ。然りと雖も唯肝胆を摧くのみにして弥飢疫に逼り、乞客目に溢れ死人眼に満てり。臥せる屍を観と為し、並べる尸を橋と作す。観れば夫二離璧を合はせ、五緯珠を連ぬ。三宝も世に在し、百王未だ窮まらざるに、此の世早く衰へ、其の法何ぞ廃れたるや。是何なる禍に依り、是何なる誤りに由るや
 主人の曰く、独り此の事を愁ひて胸臆に憤ぴす。客来たりて共に嘆く、屡談話を致さん。夫出家して道に入る者は法に依って仏を期するなり。而るに今神術も協はず、仏威も験無し。具に当世の体を覿るに、愚かにして後生の疑ひを発こす。然れば則ち円覆を仰いで恨みを呑み、方載に俯して慮りを深くす。倩微管を傾け聊経文を披きたるに、世皆正に背き人悉く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ相去り、聖人所を辞して還らず。是を以て魔来たり鬼来たり、災起こり難起こる。言はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず。


【現代語訳】

 旅人が訪ねてきて主人に嘆いていいました。四年前の正嘉元年(一二五七年)から文応元年(一二六〇年)の今年まで、大風や大雨にみまわれ、また地震や洪水、旱魃により作物が実らず、それによって人々は飢えております。そこに伝染病が起こるという悲惨な状況に陥っております。牛や馬がそこら中で死に、その骸骨が路上に散乱しております。死期を迎えた人々が全人口の半数以上になり、このような有様を嘆かないものは誰一人としておりません。

 このような災難から逃れるために、念仏の者は、「南無阿弥陀仏と唱えることにより、あらゆる煩悩を断尽する」という善導の言葉を信じて西方十万億土の阿弥陀仏の救済を願い、薬師如来を信ずる奈良仏教の者は薬師経に説かれる、「薬師如来の名号を唱えれば、すべての病は悉く治り心身は安楽になる」を信じて経を読みます。

 天台宗の者は法華経薬王菩薩本事品二十三の、「此の経は則ち為れ閻浮提の人の病の良薬なり。若し人病有らんに、是の経を聞くことを得ば、即ち病消滅して不老不死ならん」の経文を信じて、さらに、宝塔品十一の、「此の経は皆な是れ真実なり」の文を尊崇し、法華経を読誦して祈祷をしております。

 仁王般若経を信ずる者は同経の、「七難即滅、七福即生、万姓安楽、帝王歓喜」の文を信じて同経の、「百の講座を開いて、百人の僧侶を請して般若経を講説すれば我が国を滅さんとする敵王を調伏することが出来る」という文によって、僧侶が経文の講義をする人王会という儀式を行っております。真言宗の者は真言密教による祈祷方法である、壇上に置いた五つの瓶に水を入れて、その水を四方に灌ぐ儀式を行い、禅宗の者は坐禅により、一切は皆空であると観じることを以って災難を退治しようと努めている。

 また、ある人々は、「七鬼神の名を書き家々の門に貼れば一切の悪魔は退散する」の文を信じて七鬼神の名を書いた紙を家ごとに貼り、また、ある人々は、仁王経の、「五大力菩薩を遣わしてその国を守護する」との文を信じて、五大力菩薩の姿を図に描いて家ごとにはり、また、神道を信ずる人は、天の神、地の神を拝み北東・南東・南西・北西の角や国の四境に神を祭り悪鬼退除の神道儀式を執り行っています。また為政者は災害や病によって苦しむ人々を哀れに思い、徳政令を出して経済的な方面から救済をしようとしています。

 ところが、このように心を砕き努力をしても飢饉や疫病はますます盛んになるばかりで、巷には飢えて物を乞う者が溢れております。また、亡くなった人の遺体が物見台のように高く積み上げられ、川は遺体を並べると橋となるほどです。

 しかし、考えを巡らせてみますと、天空には太陽も月もこれまでと変わらずに出て大地を照らしております。木星や金星や火星や水星や土星などの五つの惑星も、玉を連ねたように規則正しく運行しています。また地上では、仏・法・僧の三宝も崇められております。しかし、いまだ百王の内でありながら八幡大菩薩の守護も失せ果てたようであり、仏法の利益も現れず、政治の力も廃れてしまったようです。このようになった禍のもとはどこにあるのでしょうか。誤りのもとはどこにあるのでしょうか。

 主人が答えていいます。私も今あなたがおっしゃったことを感じており、一人愁いておりました。また胸の中で憤ってもおります。あなたが訪ねてくださり私と同じ思いをしてることが分かりましたので、苦しみのない平和な社会を打ち立てるためには何をすべきかをお話いたしましょう。

 私が生家を離れて出家し、仏門に入ったのは、仏法によって最上の悟りの境涯である成仏を願ったからです。ところが、現在の姿を見ますと、災難を除くために仏法各宗がそれぞれの教えによって懸命に祈ってはおりますが、いっこうに効き目がありません。法を守り国を守るという諸天善神の加護もなく、仏の利益も顕われません。祈れば祈るほど災いが増している現在の様子を見ておりますと、愚かしいことではありますが来世の成仏に対して疑いが出てまいります。ですから私は天を仰いでは力のおよばないことを口惜しく残念に思い、大地に伏してはなぜこのようになるのかを深く考えます。

 そこで、自らの非才を省みず、少々経文を開いて見ますと、今の世のすべての人々は、悪法に帰依し正法正義に背いていることがわかりました。それ故に、国を守護する役目の諸天善神はこの国を捨てて天上界に帰り、人々を指導する聖人は世を去って再び出現しないのであります。この隙を突いて魔や鬼神が押し寄せて災難を起こし国土を乱し、人々を苦しめているのです。

 ゆえに、災難の原因を明確に示し、そのことを人々に教えることが大事であると思うにいたったのです。このことをいうならば、必ず前代未聞の難が私に襲いかかってきます。その難を恐れてはならないのです。だだ正法正義に背くことを恐れます。


【立正安国論の精神】

 安国論の第一問答を今月の御講では拝読いたしました。その中で「言はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず」と仰せになられます。天変地夭が引き起こす多くの災害で塗炭の苦しみに喘ぐ民衆を導き救うためは、正法正義の上からの、言論の闘いを展開することが肝心である、ということです。誤った信仰を打ち破り、本来の信仰である法華経の教えに立ち返ることが、全民衆が幸福になる第一の条件である、と多くの経文や現証を挙げて示されたのです。しかし、その活動には権威権力からの妨害があることは明らかです。そこで「恐れてはならない」と御自らのお心を励まされ、同時に私たち弟子檀那の恐れる心を励まして下さっているのです。

 恐れない心、すなわち勇気です。御本尊様のお力を心に秘めた勇気は絶大な力となります。どのような場面であろうとも、その力を発揮することができれば乗り越えることができます。この勇気は慈悲とも言い換えることができます。慈悲の心を強くするには唱題と折伏の実践がもっとも確実な方法です。折伏は自身の為、という理由がここにあります。安国論の精神を根本に折伏に励み勇気を培いましょう。


【語句の意】

○旅客 旅の途中で立ち寄った客のこと。立正安国論は、この旅客とその家の主人との十問十答の問答から成り立っております。主人のお立場は、末法の御本仏日蓮大聖人様であられることはよくご承知の通りです。また客の立場にある者は、鎌倉幕府第五代執権北条時頼です。

 北条時頼は安貞三年(一二二七年)生まれですから、大聖人様より五歳年下となります。寛元四年(一二四六年)に執権となり、建長七年(一二五六年)に執権を退き、「最明寺入道」と称しておりました。時頼は、自らは質素倹約を心がけ、御家人たちの保護に努めたことなどから善政を行った「良い執権」であったといわれる反面、権謀術数を巡らし得宗政治を確立した人物とされており、評価は分かれております。ただし、鎌倉幕府の成立においては、欠かすことのできない役目をにない、その後も幕府で重きをなしていた三浦一族に対し、有無も言わさずに亡ぼしたことなどを考えると、反対する勢力は根絶する、という冷酷な手法が明らかです。

 強固な政治姿勢で、反対する者は排除し、北条家の権力を増大させることに成功した時宗は、「得宗政治」の立役者であるといえます。得宗政治とは、北条家の総領のことを得宗といったことから名付けられたようです。つまり、得宗家が政治権力を独占し、思うままに政治を執り行った専制政治のことをいいます。専制政治の短所については、次の御書からも明らかです。

 『下山御消息』の中で、 (御書・一一五二頁)
 「御式目を見るに、五十一箇条を立てゝ、終はりに起請文を書き載せたり。第一第二は神事仏事乃至五十一等云云。神事仏事の肝要たる法華経を手ににぎれる者を、讒人等に召し合はせられずして、彼等が申すまゝに頚に及ぶ。然れば他事の中にも此の起請文に相違する政道は有るらめども此は第一の大事なり。日蓮がにくさに国をかへ、身を失はんとせらるゝか」
と仰せです。意訳をしますと、「幕府の法律である御成敗式目を見ますと全部で五一箇条に分かれております。その最後に、争いごとについて嘘はついてない証拠に神仏に起請文を出すことが記されています。第一条第二条は神事と仏事のことが取り決められており、以下五十一条におよんでおります。神事や仏事のことを定めた根本の仏が、「法華経以外の教えを信じてはならない」と説かれたことからも分かるように、最も大切な教えである法華経の行者である日蓮のいうことを全く聞くことをせず、訴えた者のいうままに、一方的な処断をしました。おそらく他の争いごとでも起請文に違背するようなことが多くあることでしょうが、日蓮に対して行ったことは最も大きな誤りです。日蓮があまりにも憎いので法律に背いてでも、住む所を追い出したり、日蓮の命を奪うようなことをしたのでしょうか」となります。

 大聖人は法律に則った処置が大事であると諫めておられますが、当時は専制政治である故に、恣意的な運用がまかり通っており、御成敗式目は有って無い状況だったのです。厳格に法律が適用されていたならば、大聖人様が流罪になることはありませんでした。まして竜の口の法難などはあり得ません。大聖人様御在世の政治がいかに非道であったかを知ることができます。

 この時頼を諌暁する上から、『立正安国論』が上呈されました。
『宿屋入道許御状』では
「若し此を対治無くんば、他国の為に此の国を破らるべきの由、勘文一通之を撰し、正元二年庚申七月十六日、御辺に付け奉りて故最明寺入道殿へ之を進覧す」(御書・三七〇)
と仰せです。

 反対に、専制政治を取り仕切る中心人物が正しい信仰を持っておれば、国は治まることになります。そこで大聖人は国家諌暁をあそばされたのです。

○天変・地夭 天変は天空の異変、地夭は地上の災害をいいます。つまり自然界で起こる災害の総称です。天変の具体的なものとしては、日食や月食、また彗星のなどの運行周期に異変が生じたり、異常な大風や大雨なども含まれます。火山の噴火による噴煙で太陽の光が遮られることなども天変といえるでしょう。地夭は、地震・洪水・干ばつなどをあげることができます。

 大聖人様御在世の様相は、『安国論御勘由来』の中でも示されるように、天変地夭が絶え間なく日本を襲っており、人々は苦しみの中でどうすることもできずに日々を過ごしていたのです。

○疫癘 伝染病のこと

○利剣即是の文 凡夫の苦しみは煩悩と罪障から起るものであるから、それらを断ち切るためには「鋭利な剣」が必要であり、その利剣が阿弥陀仏の名を唱えること、とする念仏宗の誤った教え。

○西土教主 裟婆世界の西方十万億土にあるとされる安養極樂世界の教主。阿弥陀仏のこと。

○衆病悉除の願 薬師如来の名を一度でも耳にすれば諸の病は悉く除かれるとする爾前迹門の教え。薬師瑠璃光如来本願功徳経に説かれる。

○東方如来の経 東方浄瑠璃世界の教主である薬師如来の説く経文。十二大願の文である。

○病即消滅不老不死の詞 法華経薬王菩薩本事品二十三の文。同品には、「この経はすなわち為れ閻浮提の人の良薬なり。若し人病あらんにこの経を聞くことを得ば、病すなわち消滅して不老不死ならん」とある。

○七難即滅七福即生の句  仁王般若経に説かれる。七難は日月難・星宿難・火難・水難・風難・旱魃難・賊難。この難が消滅したときに七つの福が生じる、とされる。

○百座百講 仁王般若経に、国難を払う法として説かれている。仁王経を百段に分けて百人の僧侶がそれを講じる儀式。仁王百講といわれる。

○秘密真言の教え 手に印を結ぶ身密、口に真言陀羅尼を唱える口密、心に真言の曼荼羅を念ずる意密の三密の邪義を宗旨とするゆえにこのようにいわれる。

○五瓶の水を灑ぎ 真言の修法。壇上に五つの瓶を置きその中に入れ水を濯ぎ災難を払うという邪法。

○坐禅入定の儀 座禅を組み悟りを開くことを目的とする修法。過去に下種を受けた勝れた機根の衆生であれば坐禅でも悟りを開くことが可能であるが、末法の衆生には到底耐えられない修行である。

○空観の月を澄まし 禅宗では経文は月を指し示す指の役目であり、月を見たならば経文は必要がなくなる、という邪義を立てる。

○七鬼神  七種の鬼神のこと。却温神呪経(うんしんじゅきょう)に説かれる。夢多難鬼(むたなんき)、・阿伽尼鬼(あかにき)、尼伽尼鬼(にかにき)、阿伽那鬼(あかなき)、波羅尼鬼(はらにき)、阿毘羅鬼(あびらき)、婆提利鬼(ばだいりき)をいう。これらの鬼神の名を書いて門の扉に貼ることにより魔を防ぐことができるとされる。

○五大力 仁王般若経に説かれる菩薩。金剛吼菩薩(こんごうくぼさつ)、龍王吼菩薩(りゅうおうくぼさつ)、無畏十力菩薩(む いじゅうりきぼさつ)、雷電吼菩薩(らいでんくぼさつ)、無量力吼菩薩(むりょうりきくぼさつ)。同経には、この菩薩を使わして国を護らせる、とあり、そこから菩薩の像を立てて供養をするようになったといわれる。

○天神地祗 天の神、地の神のこと。

○四角四堺の祭祀 神道で行う祈祷の儀式。本来は京都の御所を中心とした四角(東北・東南・西北・西南)に祭壇を設け鬼や悪霊などの侵入を防ぐことを目的とした。四堺(四境)は国境に同じように祭壇を設けて行った儀式のこと。鎌倉では、幕府の置かれていた所を中心にして四角を、四堺は小袋坂・小壺・六浦・片瀬に定め、そこに祭壇をもうけて儀式を行った。

○百性 農民のことをいうのではなく、百の性、つまりすべての人々のこと。

○二離璧を合はせ 二離は太陽と月のこと。壁を合わせとは太陽と月の明かりが昼と夜に分かれて照らす様子をあらわしている。

○五緯珠を連ぬ。五緯は 五星のこと。歳星(さいせい・木星)、太白星(たいはくせい・金星)、・けい惑星(けいこくせい・火星)、辰星(しんせい・水星)、鎮星(ちんせい・土星)をいう。五行の星ともいう。珠を連ねるとはこれらの星が規則正しく運行しているさまをいう。

○百王未た窮まらず 八幡大菩薩が百王を護ると誓願をしたことを指す。しかし未た百王の内でありながら王の力が弱まっているのは八幡の加護のない証拠ではないか、いったいどうしたことでしょう、と客が質問するところです。

○憤ぴ 憤はいきどおる、いかる。心がふさがってはけ口のないさま。やるせない。等の意。 ぴはいらだつ、いきどおるの意。憤ぴで、口には出すことのできない憤り。

○円覆 天空のこと。天は円く万物を覆うことからこの言葉が生まれた。

○方載 大地のこと。大地は形(方)がありものを載せることからかく言う。

○倩微管 主人の謙譲の言葉。微官は細い管の意。そこから、ない知恵を絞って、とか、考えが足りませんがという謙譲の言葉となる。


☆今月は七四七回目の立正安国論の月です。仰せのままに折伏に励み、暑さに負けない功徳を受けようではありませんか。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺