日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成19年6月10日 御報恩御講拝読御書

佐渡御書

佐渡御書(御書五七八頁 別名「日蓮弟子檀那等御中」)
文永九年三月二十日 五一歳

佐渡御書 (御書五八三頁)

 佐渡の国は紙候はぬ上、面々に申せば煩ひあり、一人ももるれば恨みありぬべし。此の文を心ざしあらん人々は寄り合ふて御覧じ、料簡候ひて心なぐさませ給へ。世間に、まさる歎きだにも出来すれば劣る歎きは物ならず。当時の軍に死する人々、実不実は置く、幾か悲しかるらん。いざはの入道・さかべの入道いかになりぬらん。かわのべの山城・得行寺殿等の事、いかにと書き付けて給ふべし。外典書の貞観政要、すべて外典の物語、八宗の相伝等、此等がなくしては消息もかゝれ候はぬに、かまへてかまへて給び候べし。此の文は富木殿のかた、三郎左衛門殿・大蔵たうのつじ十郎入道殿等・さじきの尼御前、一々に見させ給ふべき人々の御中へなり。京・鎌倉に軍に死せる人々を書き付けてたび候へ。外典抄・文句二・玄四本末・勘文・宣旨等、これへの人々もちてわたらせ給へ


【通解】

佐渡島で流罪の身となっている日蓮の手元には紙がありませんので、一人ひとりに手紙を書くのは困難です。またもれた人が一人でもいたら寂しく思われることもありますので、一同に宛てて出しました。この手紙を、日蓮の教えを守って幸せになりたい、と願う人は寄り合ってお読み下さい。そして、この中で日蓮が申し上げることをよくよくお考えになり、法難の意義を学び一人ひとりが強い信仰心を奮い立たせて下さい。一般に、大きな歎き事が起これば小さな歎き事は気にならなくなります。この度の北条時輔の乱によって京都や鎌倉で亡くなった人々は、乱を起こした側であっても制圧した側であっても、どちらにしてもどれほど悲しいことでしょうか。土牢に幽閉されている伊沢入道と酒部入道は如何しておりますでしょうか。川辺山城・得行寺殿等の人々は如何しておりますでしょうか。近況を手紙にして報告して下さい。仏教以外の書物ですが、貞観政要やその他の外典の書物、また倶舍・成実・律・法相・三論・華厳・天台・真言の八宗の相伝書等が手元にありませんので、手紙を書くにも不自由しております。是非とも佐渡まで送って下さい。この手紙は富木殿とその身内の人々、四条金吾殿、大蔵塔辻十郎入道殿、桟敷尼御前をはじめ日蓮の弟子檀那は一人残らず読みなさい。また、京都や鎌倉で軍のために亡くなった信徒の名前を手紙に書いて知らせて下さい。御回向を致します。外典の書物、法華文句の巻二、法華玄義の巻四と、法華玄義釈籖、勘文、宣旨などももってきて下さい。


○佐渡御書について

 本抄は、文永九(一二七二)年三月二十日、五十一歳の御時にお認めになられました。対告衆は、当抄の宛名書きに
「日蓮弟子檀那等御中」
とあることや、今月の拝読御書の
「佐渡国は紙候はぬ上、面々に申せば煩ひあり。一人も漏るれば恨みありぬべし。此の文(ふみ)を心ざしあらん人々は寄り合ふて御覧じ料簡候ひて心なぐまさせ給へ」
を拝しますと門下全般に対して与えれらたものです。
また、御書の最後に、
「富木殿のかた、三郎左衛門殿・大蔵塔辻十郎入道殿等・桟敷尼御前、一々に見させ給ふべき人々の御中へなり」
との仰せからも明らかです。

 当抄をお認めになられた前年の、文永八(一二七一)年の九月十二日、大聖人様は竜の口の法難を招き寄せられ、そこで、上行菩薩のお立場を改められて、久遠元初自受用身如来様の御姿を顕されたことが大いに関係しております。この時に、大聖人様の首を切ることのできなかった幕府は、大聖人様を佐渡に配流したのですが、この法難は一人大聖人様だけがお受けになったのではなく、門下も等しく法難を受けたのです。

 たとえば、『四条金吾殿御返事』では、
「すぎにし日蓮が御かんき(勘気)の時、日本一同ににくむ事なれば、弟子等も或は所領を、をゝかたよりめされしかば、又方々の人々も或は御内の内をいだし、或は所領をを(追)いなんどせしに」(御書 一一一七頁)
と仰です。大聖人様が竜の口の法難を受けられたときに、弟子や信徒も同じように法難に値っていたことが分かります。所領を没収されたり、住んでいるところから追い払われたりしたのです。また捕らえられて土の牢に入れられた者もおりました。

 そればかりではなく、
「日蓮を信ずるやうなりし者どもが、日蓮がか(斯)くなれば疑ひをを(起)こして法華経をす(捨)つるのみならず、かへりて日蓮を教訓して我賢(かしこ)しと思はん僻人(びやくにん)等が、念仏者よりも久しく阿鼻地獄にあらん事、不便とも申す計りなし」
と当抄にありますように、何もないときには大聖人を信じていた人々も、法難に遭うと信心を疑って、ご本尊に疑問を持って退転するばかりではなく、反対に日蓮大聖人様を批判するような輩もおりました。大聖人はそのようなものを「念仏の者よりも永く無間地獄に落ちることになる、可哀想な者たちである」と仰せです。

 緊迫した状況の中で、鎌倉に残された門下に対して、佐渡の地より、大慈大悲の御境界から、『開目抄』を著されて、「末法の仏は日蓮である」と人の本尊であることを明かされました。さらに当抄において、弟子檀那に対して折伏の大切さを御指南になり、不惜身命の信心に立ったならば必ず大きな功徳を受けることができる、弟子檀那一同を厳しくもあたたかく激励されたのであります。以上が御述作の由来です。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺