日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成26年7月 日蓮大聖人御報恩御講拝読御書

四条金吾殿御返事

お盆の法要を通して日蓮大聖人様が教えて下さる親孝行と折伏を学びましょう

四条金吾殿御返事(平成新編御書四六九頁)
文永八年七月一二日  五〇歳

四条金吾殿御返事 (御書・四六九頁)

雪のごとく白く候白米一斗、古酒のごとく候油一筒、御布施一貫文、態と使者を以て盆料送り給び候。殊に御文の趣有り難くあはれに覚え候。
抑盂蘭盆と申すは、源目連尊者の母青提女と申す人、慳貪の業によりて五百生餓鬼道にをち給ひて候を、目連救ひしより事起こりて候。然りと雖も仏にはなさず。其の故は我が身いまだ法華経の行者ならざる故に母をも仏になす事なし。霊山八箇年の座席にして法華経を持ち、南無妙法蓮華経と唱へて多摩羅跋栴檀香仏となり給ひ、此の時母も仏になり給ふ。 (乃至)
かゝる日蓮が弟子檀那となり給ふ人々、殊に今月十二日の妙法聖霊は法華経の行者なり日蓮が檀那なり、いかでか餓鬼道におち給ふべきや。定んで釈迦・多宝仏・十方の諸仏の御宝前にましまさん。是こそ四条金吾殿の母よ母よと、同心に頭をなで悦びほめ給ふらめ。あはれいみじき子を我はもちたりと、釈迦仏とかたらせ給ふらん。

〔通解〕

雪のように白くなるまで丹精を込めて精米をした白米を一斗、古酒のようになるまで精製した油を竹筒に一つ、御供養の金子を一貫、これらの品をわざわざ使を仕立てて日蓮の元にお送り下さいました。ことに、一緒に届けられたお手紙を拝見して、貴方の亡きお母様を思われるお心に、有り難さと感動を覚えました。

そもそも盂蘭盆は、釈尊の弟子である目連尊者が、母親の青提女を餓鬼界の苦しみから救ったことから始まりました。青提女は、生前に慳貪の罪業により、五百回生まれ変わる間、つねに欲しいものが手に入らないという餓鬼界の苦を受けておりました。そのことを知った目連尊者が、多くの僧侶に食べ物や飲み物を御供養して、青提女は餓鬼界の苦から救われたのです。

しかし、餓鬼界の苦しみから救うことは出来ましたが、成仏に導くことは出来ませんでした。何故ならば、目連尊者自身が仏に成っていなかったからです。釈尊が霊鷲山において法華経を説かれ、その御説法を聞いて南無妙法蓮華経と唱えることで、多摩羅跋栴檀香仏という仏に成り、この時にお母さんもともに仏に成ることが叶いました。(中略)

このような日蓮の弟子檀那である人々、特に今月(七月)の十二日が御命日の妙法聖霊は法華経の行者です。日蓮の檀那です。どうして餓鬼道に堕ちることがありましょうか。釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏の御宝前においでになることは間違いありません。そして、釈迦仏をはじめとしたすべての仏様が、この人こそ四条金吾殿のお母様でありますぞ、と異口同音に申され、頭をなでて下さり、貴女のご子息は素晴らしい御信心です、とお誉め下さるでしょう。お母様は、私は親孝行な子供を持って有り難く思っております、と釈迦仏とお話をされていることでしょう。


《当抄の概略》

この御書は文永八年(一二七一年)七月十二日に、四条金吾殿に与えられたもので、この日からちょうど二月後の九月十二日に竜の口法難がおこりました。大聖人様はこの当時は鎌倉にあって、弟子檀那の教化育成をされるとともに、四箇の格言を掲げて折伏弘教の先頭にたたれておりました。この時御年は五〇歳です

当抄は、四条金吾殿が、お母様のお盆の供養を願い出られたことに対する御返事です。お盆の法要の始まりから説き示され、法華経こそが成仏の教えであることを述べられます。また、子供の目連尊者が法華経の修行に励むことによって、自らが成仏し、その時にお母様の成仏が叶った、と仰せです。最後に、大聖人様の信仰をすることの功徳は釈迦仏・多宝仏・すべての仏様から讃嘆されることを述べられ、末法における大聖人様のお立場を明らかにされております。


《お盆の御供養》

「雪のごとく白く候白米一斗、古酒のごとく候油一筒 〜 御文の趣有り難くあはれに覚え候」
との御文に、四条金吾殿の真心と、亡きお母様を思う気持ちがよく現れております。精米された白米が当たり前になっている現在では想像できませんが、当時のことを考えてみますと、先ずお米そのものが貴重です。白米になるまでには、多くの労力と時間をを費やして、やっと「雪のように白い」お米ができあがります。スーパーに行けば、真っ白に精米されたお米が手には入る今日とは比べものになりません。そこに四条金吾殿の真心が現れているのです。油も大聖人様の供えするために最高の物を、という心から、菜種を搾っただけではなく、何度も何度も濾過をして不純物を取り除いたものです。このように、真心のこもったものであることをご存じの大聖人様は、「古酒のごとく」と表現されて四条金吾殿の真心をお誉め下さるのです。

この真心は、大聖人様への御供養ですから大聖人様に対して尽くされたものではありますが、一方で、お母様への真心でもありました。したがって、ここでの大聖人様の御言葉は、お母様を思う四条金吾殿の親孝行なお心をお誉め下さったものである、ともいえます。
そのことが、
「御文の趣有り難くあはれに覚え候」
からうかがえるのです。

この御文とは、四条金吾殿から大聖人様へのお手紙のことです。その手紙には、「私の亡き母は来世に幸せにしているでしょうか、苦しみの世界に生まれ変わってはおらないでしょうか」と認められておりました。その文面から大聖人様が、現世の母親にも満足に孝養することが出来ない子供が多い中で、四条金吾の来世の母親を思い、真心を尽くす心根は「誠に貴く日蓮は感動した」と仰せになっております。この時四条金吾殿の年齢は四十二・三歳です。 


○《盂蘭盆会のはじまり》

「抑盂蘭盆と 〜 慳貪の業によりて五百生餓鬼道にをち給ひて候」
この箇所で、盂蘭盆会は釈尊の時代に始まったことを教えて下さいます。そして今日の私たちの思い、亡き両親をはじめとして縁のある方々の来世を心配して追善供養に励む修行が、三千年前のインドから継承されていること、そしてそれはさらに、南無妙法蓮華経の教えを通して久遠の昔につながっていることなのです。ですから、私たちがこのよう励む修行は、久遠の昔に立ちかえって修行していることになる、と申し上げることが出来ます。であれば、過去の罪障も即座に消滅していることに気づきます。何故ならば、久遠の昔の私たちは、いまだ罪業を積んでいない無垢の心の時だからです。したがって、素直に南無妙法蓮華経と唱えることが出来、またその有り難さを思わずにはおられません。

御文の「慳貪」とは物惜しみをすることです。「五百生」とは五百回生まれ変わることです。また「餓鬼道」とは食べ物や飲み物が満足にない世界のことをいいます。また、欲しいものが手に入らない心の状態を表した言葉です。満ち足りる、という心が欠けた人もこの世界です。物が溢れている日本で、餓鬼界は縁の無い世界だと思うかもしれませんが、人間の欲望には際限がありません。むしろ、衣食に不自由をする地域に住んでいる人たちより、物が溢れている日本にあって、満足することを知らない人たちこそ、過去世に「慳貪の業」があったのではないでしょうか。仮りにそうであれば、来世ではなく今日からでも餓鬼界からの脱出を願って行動をとることが肝要です。

ではどのようにすれば餓鬼界の苦から救われる功徳が積めるのでしょうか。そのためには、何故餓鬼界の苦を受けるか、を考えることが大切です。そこで『盂蘭盆御書』を拝しますと、青提女の慳貪の業が説かれております。ある時、釈尊が托鉢の行で青提女の家を訪ねた時、釈尊に御供養として差し上げる食べ物があったにもかかわらず、「私には御供養するものがありません」といって、断ってしまいました。この時の物惜しみをしたことが原因となって、五百生もの長い間、欲しいものが手に入らない、という餓鬼界の苦しみを受ける結果を招いたのです。

そこで、目連尊者は物惜しみをした母に代わって、多くの釋尊のお弟子に飲食を御供養して追善供養を執り行うことで、餓鬼界の苦しみにある母を救うことができました。つまり、「布施」をすることで慳貪の罪業を消し去ることが出来る、と教えられます。布施といえば、今日ではお坊さんに金品を差し上げることを指しますが、本来は菩薩の修行の一つでした。その中に「布施行」があります。これは、飲食などの物質的な「財施」だけではなく、精神的な面である「法施」、即ち南無妙法蓮華経の仏法を教えることも法施なのです。言葉を換えていえば、折伏は慳貪の罪業を消す布施の修行なのです。折伏の功徳の偉大さを教えて下さるものです。


○《法華経のみが真実の幸福が得られる教え》

ところが、
「然りと雖も仏にはなさず。其の故は我が身いまだ法華経の行者ならざる故に母をも仏になす事なし」
とありますように、餓鬼界の苦しみを救うことはできましたが、真実の幸福境涯である成仏にみちびことはできておりません。その理由として大聖人様は、目連尊者自身が仏の功徳を受けていないからである、と仰せになります。是は法華経に説き示されたことですから、私たちは「法華経のみ」と自信を持って申し上げるのです。そして、
「霊山八箇年の座席にして法華経を持ち、南無妙法蓮華経と唱へて多摩羅跋栴檀香仏となり給ひ、此の時母も仏になり給ふ」
と述べられて、目連尊者が南無妙法蓮華経と唱え、その功徳として多摩羅跋栴檀香仏に成ったときにはじめて母様も仏に成ることができたのである、と教えて下さっております。 『盂蘭盆御書』には、
「自身仏にならずしては父母をだにもすくいがたし。いわうや他人をや」 (御書・一三七五頁)
と説かれて、父母を救うのも周囲の人たちを救うのも、私たち一人ひとりの修行にあることを示されます。さらに深く拝せば、周囲がどのような状況であれ、自分自身が御本尊様を根本とした信仰であれば、必ず幸福境涯を築くことが叶う、という意味でもあります。悪いことは他人に、善いことは自分の力に、という心とは正反対の心を持つことができるようになるのが大聖人様の信仰です。


○《私たちはが餓鬼道の苦しみを受けることはない》

「日蓮が弟子檀那となり給ふ人々、殊に今月十二日の妙法聖霊は法華経の行者なり日蓮が檀那なり、いかでか餓鬼道におち給ふべきや」
ここでは、日蓮の弟子檀那、特に昨年の七月十二日に亡くなられた妙法聖霊は法華経の信仰をされており、日蓮の弘教を助ける檀那です。どうして餓鬼界の苦しみを受けるようなことがありましょうや、と四条金吾殿を励まされるのです。

このところは、末法の御本仏としての、確信に満ちた有り難い御指南です。日蓮大聖人様の仰せのままの信心に大きな功徳をいただけることを示して下さるのです。

また、ここで「妙法聖霊は法華経の行者なり」とあります。このことから四条金吾殿のお母さんは日蓮大聖人様から「妙法」という戒名を頂戴していたことが明らかです。「日蓮大聖人様が信徒に戒名を付けたりしたことはなかった」などといっていますが、御書に背くことであり、謗法です。周囲にそのような者がいたならばこの御文を教え、成仏へ導きましょう。


○《孝養を悦ぶ亡き母の姿》

「定んで釈迦・多宝仏・十方の諸仏の御宝前にましまさん。是こそ四条金吾殿の母よ母よと、同心に頭をなで悦びほめ給ふらめ。あはれいみじき子を我はもちたりと、釈迦仏とかたらせ給ふらん」
さらに重ねて、亡きお母さんの来世に於ける住処を具体的に示されます。すなわち仏様と共にということです。現在の私どもの信心から拝するならば、富士大石寺に御安置の、本門戒壇の大御本尊様の御前で、大聖人様と共に、ということです。そこにおいて、お母さんやお父さんは、日蓮大聖人様より、貴方の子供さんは親孝行な子供さんですね。平成の世で、日蓮正宗の信仰を貫く素晴らしい子孫をもたれ幸せですね、と最大の賛辞を受けています。


○《法統相続は生物学的面だけから語るのではなく、信仰的な面からの法統相続を考えることも大事です》

仏法では、生物的な子供と信仰的な子供の二通りが考えられます。どちらも過去世からの因にあることは当然ですが、その因果からいえば、現世での修行が来世の因になることを知るべきです。つまり、血縁のある子に恵まれなくとも、法の子に恵まれるならば、それは立派な法統相続である、ということです。また、血縁のある子に恵まれたとしても、正法を受け継がなければ親不孝者となってしまいます。ですから、どちらが幸せか、という問題ではなく、ともかく折伏をすることに尽きるのです。

折伏をすれば「教化親(きょうけおや)」になった、と日蓮正宗では古来からいわれております。親になることは生物学的にも信仰的にも簡単ではありませんが、来世の自分自身のためにも、孝養な子を持つことができるように、と励むことが肝要です。


【まとめ】

開目抄には、「此の経は孝経なり」と仰せになります。御本尊様の信仰を持つだけでも親孝行になるのですが、四条金吾殿のように貴い浄財を御供養として大聖人様にお供えし、亡き母の追善供養を大聖人様に願い出ることは、さらに親孝行を実践することになります。私ども凡夫は、眼前のことのみに心を奪われ、亡くなられた人のことが気にかかっていても、四条金吾殿のように実践することは容易ではありません。

そのような凡夫であればこそ、日蓮大聖人様のこの御文を通して、「孝養の実践」を学びたいものです。御在世当時のままに執り行われている日蓮正宗のお盆の法要を通して、自らを見つめ、亡き方々の来世を願うことが肝要です。

本日ご参詣の皆さまこそ日蓮大聖人様の教えて下さるように修行に励んでおられます。誠に尊いご信心です。お盆に塔婆を建立することも、御供養を御本尊様にお供えすることも、形式ではなく法義の上からの、心を込めた化儀の執行であることを自覚して、さらなる精進をいたしましょう。

また、未だ正法に縁の無い方々に対して、積極的な「法施」を行い、自らの罪障消滅と一切衆生の幸せを実現する折伏行に励まれますことを念願いたします。

夏本番を迎えます。熱中症などが心配されますが、御本尊様の信心の功徳は、「充満其願、如清涼池」「現世安穏、後生善処」(『経王殿御返事』・六八六頁)ですからご安心下さい。御加護を信じ、暑さを味方としてともに進んでまいりましょう。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺