日蓮大聖人御書拝読と御法話

平成26年7月 盂蘭盆会拝読御書

四条金吾殿御返事

お盆の法要は亡き母を思う子供の心から始まりました

四条金吾殿御返事(平成新編御書四六九頁)
文永八年七月一二日  五〇歳

四条金吾殿御返事 (御書・四六九頁)

雪のごとく白く候白米一斗、古酒のごとく候油一筒、御布施一貫文、態と使者を以て盆料送り給び候。殊に御文の趣有り難くあはれに覚え候。
抑盂蘭盆と申すは、源目連尊者の母青提女と申す人、慳貪の業によりて五百生餓鬼道にをち給ひて候を、目連救ひしより事起こりて候。然りと雖も仏にはなさず。其の故は我が身いまだ法華経の行者ならざる故に母をも仏になす事なし。霊山八箇年の座席にして法華経を持ち、南無妙法蓮華経と唱へて多摩羅跋栴檀香仏となり給ひ、此の時母も仏になり給ふ。 (乃至)
かゝる日蓮が弟子檀那となり給ふ人々、殊に今月十二日の妙法聖霊は法華経の行者なり日蓮が檀那なり、いかでか餓鬼道におち給ふべきや。定んで釈迦・多宝仏・十方の諸仏の御宝前にましまさん。是こそ四条金吾殿の母よ母よと、同心に頭をなで悦びほめ給ふらめ。あはれいみじき子を我はもちたりと、釈迦仏とかたらせ給ふらん。

〔通解〕

雪のように白くなるまで丹精を込めて精米をした白米を一斗、古酒のようになるまで精製した油を竹筒に一つ、御供養の金子を一貫、これらの品をわざわざ使を仕立てて日蓮の元にお送り下さいました。ことに、一緒に届けられたお手紙を拝見して、貴方の亡きお母様を思われるお心に、有り難さと感動を覚えました。

そもそも盂蘭盆は、釈尊の弟子である目連尊者が、母親の青提女を餓鬼界の苦しみから救ったことから始まりました。青提女は、生前に慳貪の罪業により、五百回生まれ変わる間、つねに欲しいものが手に入らないという餓鬼界の苦を受けておりました。そのことを知った目連尊者が、多くの僧侶に食べ物や飲み物を御供養して、青提女は餓鬼界の苦から救われたのです。

しかし、餓鬼界の苦しみから救うことは出来ましたが、成仏に導くことは出来ませんでした。何故ならば、目連尊者自身が仏に成っていなかったからです。釈尊が霊鷲山において法華経を説かれ、その御説法を聞いて南無妙法蓮華経と唱えることで、多摩羅跋栴檀香仏という仏に成り、この時にお母さんもともに仏に成ることが叶いました。(中略)

このような日蓮の弟子檀那である人々、特に今月(七月)の十二日が御命日の妙法聖霊は法華経の行者です。日蓮の檀那です。どうして餓鬼道に堕ちることがありましょうか。釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏の御宝前においでになることは間違いありません。そして、釈迦仏をはじめとしたすべての仏様が、この人こそ四条金吾殿のお母様でありますぞ、と異口同音に申され、頭をなでて下さり、貴女のご子息は素晴らしい御信心です、とお誉め下さるでしょう。お母様は、私は親孝行な子供を持って有り難く思っております、と釈迦仏とお話をされていることでしょう。


○《私たちはが餓鬼道の苦しみを受けることはない》

「日蓮が弟子檀那となり給ふ人々、殊に今月十二日の妙法聖霊は法華経の行者なり日蓮が檀那なり、いかでか餓鬼道におち給ふべきや」
ここでは、日蓮の弟子檀那、特に昨年の七月十二日に亡くなられた妙法聖霊は法華経の信仰をされており、日蓮の弘教を助ける檀那です。どうして餓鬼界の苦しみを受けるようなことがありましょうや、と四条金吾殿を励まされるのです。

このところは、末法の御本仏としての、確信に満ちた有り難い御指南です。日蓮大聖人様の仰せのままの信心に大きな功徳をいただけることを示して下さるのです。

また、ここで「妙法聖霊は法華経の行者なり」とあります。このことから四条金吾殿のお母さんは日蓮大聖人様から「妙法」という戒名を頂戴していたことが明らかです。「日蓮大聖人様が信徒に戒名を付けたりしたことはなかった」などといっていますが、御書に背くことであり、謗法です。周囲にそのような者がいたならばこの御文を教え、成仏へ導きましょう。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺