日蓮大聖人御書

日蓮大聖人御書講義・法話集:平成27年12月1日永代経/日蓮正宗佛乗寺

十字御書(むしもちごしょ)

十字御書:日蓮大聖人御書(新編御書一五五一頁)

弘安四年一月五日 六〇歳

十字御書  弘安四年一月五日 六〇歳 (新編御書一五五一頁)

 十字一百まい・かしひとこ給び了んぬ。正月の一日は日のはじめ、月の始め、としのはじめ、春の始め。此をもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく、日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく、とくもまさり人にもあいせられ候なり。
  抑地獄と仏とはいづれの所に候ぞとたづね候へば、或は地の下と申す経もあり、或は西方等と申す経も候。しかれども委細にたづね候へば、我等が五尺の身の内に候とみへて候。さもやをぼへ候事は、我等が心の内に父をあなづり、母ををろかにする人は地獄其の人の心の内に候。譬へば蓮のたねの中に花と菓とのみゆるがごとし。仏と申す事も我等が心の内にをはします。譬へば石の中に火あり、珠の中に財のあるがごとし。我等凡夫はまつげのちかきと虚空のとをきとは見候事なし。我等が心の内に仏はをはしましけるを知り候はざりけるぞ。たゞし疑ひある事は、我等は父母の精血変じて人となりて候へば、三毒の根本、淫欲の源なり。いかでか仏はわたらせ給ふべきと疑ひ候へども、又うちかへしうちかへし案じ候へば、其のゆわれもやとをぼへ候。蓮はきよきもの、沼よりいでたり。せんだんはかうばしき物、大地よりをいたり。さくらはをもしろき物、木の中よりさきいづ。やうきひは見めよきもの、下女のはらよりむまれたり。月は山よりいでて山をてらす、わざわいは口より出でて身をやぶる。さいわいは心よりいでて我をかざる。
  今正月の始めに法華経をくやうしまいらせんとをぼしめす御心は、木より花のさき、池より蓮のつぼみ、雪山のせんだんのひらけ、月の始めて出づるなるべし。今日本国の法華経をかたきとして、わざわいを千里の外よりまねき出だせり。此をもってをもうに、今又法華経を信ずる人はさいわいを万里の外よりあつむべし。影は体より生ずるもの、法華経をかたきとする人の国は、体にかげのそうがごとくわざわい来たるべし。法華経を信ずる人はせんだんにかをばしさのそなえたるがごとし。又々申し候べし。


  正月五日                              日蓮 花押

をもんすどのゝ女房御返事

【意訳】

 蒸した餅を百枚、菓子を一かご、確かにお受けいたしました。正月の一日は日の始め、月の始め、年の始め、春の始めです。この正月を大切にする人は、たとえば、月が西の空から東の空に向かってだんだんと満ちてゆくように、太陽が東から西に向かって大地を照らし出して行くように、徳が増して、まわりの人たちから愛されるようになります。
 そもそも、地獄(苦しみ)の世界と仏(幸福)の世界はどのようなもので、それがどこにあるのか、と考えてみますに、ある経文には、地獄は大地の下にある、と説かれ、ある経文には、仏の世界は西方の浄土にある、と説かれております。しかし、よくよく経文を拝読しますと、仏の世界も地獄の世界も私たちの身と心の中にあることが明らかです。そのように思えるのは、私たちが心の中で、父親を疎んじたり母親を疎んじたりするのは、地獄がその人の心の中にあるからです。たとえば、蓮の種の中には花と実が同時に備わっているようなもので、仏の心も、私たちの心の中にあるのです。たとえば、石を打ち合わせると火が出るように、珠を磨けば宝物となるようなものです。私たち凡夫には、目のすぐ上にあるまつげや、遠い宇宙のはてを見ることができなように、一番近い自らの心の中に、仏の世界があることに気づいてはおりません。
 ただし、お経文にそのように説かれていたとしても疑いがあります。それは、父母の煩悩をもとにして人として生まれ、貪りや瞋りや癡かな心、あるいはみだらな欲望に支配されている私の身に、どうして仏の世界があるのか、ということです。しかし、よくよく考えてみますと、そのように説かれることも、なるほど、と思えます。その理由は、蓮の花は清浄な美しい花を咲かせますが、根元を見れば濁った泥沼です。栴壇は良い香りの木ですが、不淨とされる大地から芽を出します。桜の花は、冬の間は枯れたような幹の中にありますが、春になるとその幹から花を咲かせます。美女の代名詞ともいえる楊貴妃も、身分の低い母から生まれました。
 月は山に隠されていても、天空に昇ると、今度は隠していた山を照らします。禍は口から出て我が身を破ります。幸いは心から出て我が身を飾ります。
 いま正月にあたって、法華経の御本尊様に御供養をするご信心によって受ける功徳は、枯れているように見える木から花が咲き、濁った池の中で蓮が清らかなつぼみをつけ、雪山に栴壇の花が咲き、月が始めて出るようなものです。
 現在の日本国中の人々は残念ながら御本尊様を敵のように思っておりますので、わざわいを千里もの遠くから呼び寄せているのです。またこのことから考えてみますと、法華経を信ずる人には、功徳が万里もの遠くから集まってきます。影は体より生まれます。御本尊様を謗る人の住む国は、体から影が生まれるように災いに遭遇するのです。法華経を信ずる人は、香りの良い栴壇がさらに芳しくなるように、ますます大きな功徳を積むことが叶います。
 この度はこれで失礼してまた申し上げましょう。
 
 正月五日                        日蓮 花押

重須殿女房御返事

〈語句の意味〉

○十字=蒸した餅。熱が通りやすいように表面に十文字の切り込みがされていたことからこのように呼ばれる。
○かし=果物のこと。干し柿やミカンを菓子と呼んだ。
○ひとこ=一籠。重須殿の女房が、丹精をこめて収穫した果物を、これも自らが手編みの籠に入れて御供養をされた様子がうかがえる。その籠は、物のない身延で大聖人様の暮らしに役立つ物であったことが想像される。つまり、籠も真心からの御供養であった。
○月の西より東をさして満がごとく=三日月は夕刻西の空、半月は夕刻南の空、満月は夕刻東の空にあることをこのように表現されたもので、月が西の空から昇ってくる、というものではないことに注意。月も地球の自転に合わせて太陽と同じように東から昇る。
○地獄=梵語のnaraka(ならか)の漢訳。地下にある獄(ひとや)の意味。死後に受ける苦の世界は、地の下のはるか深いところにある、とされる。ちなみに、歌舞伎の舞台や花道の床下を「奈落」というのは、そこで働くことが辛い場所であることから名付けられたという。また、奈落に堕ちる、という言葉も梵語narakaからきたものである。ここでの地獄は、私たちの生命に具わる十界、「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天・声聞・縁覚・菩薩・仏」の中で、最も苦しく辛い心の状態である「地獄界」を指す。
○仏=仏界のこと。十界の一つ。最も尊い心の状態をいう。私たちがお題目を唱える目的は、この仏界を常に我が心に呼び起こすためである、といっても過言ではない。
○父をあなづり、母をおろかにする人は地獄その人の心の内に候=大聖人様は、子供が父母を軽んじたり疎略にする心が「地獄」と指摘される。互いに注意したいものである。
○蓮の種の中に花と菓とのみゆるがごとし=草花の蓮花は花と果が同時であることを示される。地獄も仏も私たちの心の中にあることを、この蓮花を例えとして教えて下さっている。
○虚空=一切のものの存在する広い空間のこと。大聖人は「星の虚空に充満するが如し」(『呵責謗法滅罪抄』・七一三頁)。「御志、大地よりもあつく虚空よりもひろし」(『上野殿御返事』・一二七二頁)等と述べられ、宇宙・大空等の意で用いられている。ここはその意。
○精血=@精力と血液。A精子と卵子。ここはA。
○三毒=貪・瞋・癡のこと。私たちの煩悩の根本にあるもので、これによって凡夫は現世と来世を毒される。この貪る心、瞋る心、おろかな心によって社会が乱れることを、「飢渇は大貪よりをこり、やくびゃうはぐちよりをこり、合戦は瞋恚よりをこる」(『曽谷殿御返事』・一三八六頁)と教えて下さる。飢渇は飢えと渇きのことで、飢饉を意味する。疫病は伝染病・流行病のこと。これは人々の無知から広まる。戦争が怒りの心から起こることは過去の歴史が証明している。この三毒を三徳に変えることができるのが南無妙法蓮華経であることを、「今法華経の行者は三毒即三徳と転ずる」(『御義口伝』・一七九一頁)と述べられている。この三徳とは、法身(仏が覚られた真理)・般若(真理を覚る智慧)・解脱(覚りの姿・仏としての姿)のこと。
○栴檀=白檀のこと。香料として珍重される。また仏像や珠数なども白檀で作られることがある。
○楊貴妃=中国唐代の玄宗皇帝の妃。江西省の庶民階級の出身ともいわれる。
○雪山=ヒマラヤ山脈のこと。釈尊が過去世にこの地で修行した時の名を「雪山童子」ということはよく知られている。
○をもんすどのゝ女房=南条時光の姉。富士北山の地頭・石河新兵衛能助の夫人。妙一尊尼との戒名を大聖人から頂いている。

〈拝読の要点〉

 この御書の御真蹟は総本山にありますので、毎年四月に奉修されます御虫払いの時に拝見した方も多いことでしょう。
 内容は、お正月を大切に思い、大聖人様に御供養申し上げる重須殿夫人の信仰をお誉めくださる御文です。冒頭で、蒸した餅や果物を御供養したことで、人徳が勝り周囲の人達から大切にされる功徳が受けられる、と仰せです。
  次では、法華経の一念三千の極理を、私たちの現実の生活の中に例をとって示されます。また、私たち凡夫は、はてしない欲望に支配され、常に抑えきれない怒りを心に抱え、自分の心をコントロールする術を知らないおろかな者であるが、蓮華が汚れた泥沼の中から芽を出して清浄な華を咲かせ実を付けるのと同じように、私たちの心にも仏の心があることを述べられ、辛いときに折れそうになる心を励まして下さっております。

〈素敵な一年を迎える秘訣〉

 師走を迎え何かと慌ただしくなってまいりました。寒さもつのり、身も心も縮まる時でもありますが、このようなときだからこそ、「災いは口より出でて身を破る、幸いは心よりいでて我を飾る」とのお言葉を忘れないようにしましょう。「法華経を信ずる私たちには、一万里もの遠いところにある幸でも手に入れることができる」との御指南が支えになってくださいます。
 『秋元御書』には「正月は妙の一字のまつり」(三三四頁)とあります。「祭」りという漢字は、汚れたものを奇麗にする、という意義があるそうです。私たちの汚れた心を奇麗に洗濯をして真っさらにするのがお正月なのです。お正月に御本尊様を大切にすることで、古い年の汚れを落とすことができることを教えて下さっております。
 また、『法華題目抄』には、「妙とは蘇生の義なり」(三六〇頁)と述べられております。つまり、南無妙法蓮華経と修行をする功徳によって、私たちの生命が生まれ変わることができるのです。
 このように意義深いお正月を迎えるにあたって、今日から準備をしようではありませんか。「お正月をもてなす人は、徳も勝り人にも愛せられ候」とのお言葉を信じることで、素敵な新年を迎えることができます。素敵な新年を迎えることは素敵な一年が約束されることです。そこで、明年をよくする秘訣は十二月の過ごし方にあると思い、共々に精進をいたしましょう。
 風邪など召されぬよう御祈念申し上げます。


文責編集部 転載複写等禁止

日蓮正宗向陽山佛乗寺

ページのトップへ戻る