日蓮大聖人御書

日蓮大聖人御書講義・法話集:平成28年7月15日盂蘭盆会/日蓮正宗佛乗寺

刑部左衛門尉女房御返事
〜 来世を生きる父母への贈り物 〜

刑部左衛門尉女房御返事:平成新編日蓮大聖人御書(一五〇六頁)

宗祖日蓮大聖人のお手紙の一節です

『刑部左衛門尉女房御返事』 (御書・一五〇六頁)
父母に御孝養の意あらん人々は法華経を贈り給ふべし

【現代語訳】

  亡くなられたお父様やお母様を、ねんごろに弔うお心があるのでしたら、法華経を贈るべきです。

『妙法蓮華経法華経法師品第十』
薬王今汝に告ぐ 我が所説の諸経 而も此の経の中に於て 法華最も第一なり
(新編法華経・三二五頁)

【現代語訳】

  仏様が薬王菩薩に次のようにいいました。私はこれまでに多くの教えを説いてまいりました。その教えの中にあって、法華経が最も勝れおります。

☆薬王菩薩は、私たち衆生の心身の病を治する良薬を施し、快方に向かわしめる役目の菩薩です。この菩薩に対して、仏様は、「最高の薬が法華経である」と説かれたのです。

『妙法蓮華経安楽行品第十四』
文殊師利、此の法華経は、諸仏如来の秘密の蔵なり。諸経の中に於て、最も其の上に在り、長夜に守護して、妄りに宣説せざるを、始めて今日に於て、乃ち汝等が与に、而も之を敷演す(新編法華経・三九九頁)

《現代語訳》

  文殊師利よ、この法華経は、諸の仏や如来が心の奥深くに秘めた教えで、むやみに説くことのない教えです。諸の経文の中で、最高最上の地位にあります。長い間この教えを護り、心に秘めてむやみに説きませんでした。今日始めてあなた達にあたえるばかりか、広くその意義を演べます。

☆文殊菩薩は「三人寄れば文殊の知恵」との諺が示すように、仏法の真理を覚る上での智慧を具体的に現す菩薩です。その智慧ある文殊菩薩に「法華経は、仏の心の奥底に秘められた真実の教えです」と説かれるのです。

○《お盆の追善供養は、来世を生きるお父様お母様へのお中元》

 ご参詣の皆さまの、御先祖をはじめ亡き方を思う優しい心に、「私の息子や娘は、自分のことだけではなく、皆のことを考える、よい子・善い人に育った。有り難いことです」とお父様やお母様が悦んで下さっております。
  この後も、プレゼントを心がけご精進を重ねられますようお祈り申し上げます。

 


文責編集部 転載複写等禁止

日蓮正宗向陽山佛乗寺

ページのトップへ戻る