日蓮大聖人御書

日蓮大聖人御書講義・法話集:平成29年10月1日広布唱題会/日蓮正宗佛乗寺

聖人御難事

聖人御難事:平成新編日蓮大聖人御書(一三九六頁)

弘安二年一〇月一日  五八歳

『聖人御難事』 (御書・一三九六頁)

去ぬる建長五年太歳癸丑四月二十八日に、安房国長狭郡の内、東条の郷、今は郡なり。(中略)此の郡の内清澄寺と申す寺の諸仏坊の持仏堂の南面にして、午の時に此の法門申しはじめて今に二十七年、弘安二年太歳己卯なり。仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の大難申す計りなし。先々に申すがごとし。余は二十七年なり。其の間の大難は各々かつしろしめせり。(中略)月々日々につより給へ。すこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし。

〈現代語訳〉

 日蓮はさる建長五年(一二五三年)四月二十八日に、千葉県にある東条という所で南無妙法蓮華経の教えを説きはじめました。(中略)この東条にある清澄寺の持仏堂の南側で、正午に南無妙法蓮華経をはじめて唱へてから弘安二年(一二七九年)で二十七年になります。インドの釈尊は法を説き始めて四十数年で『法華経』を説かれ、中国の天台大師は三十数年で『摩訶止観』を説かれました。日本の伝教大師は二十数年でこの世に生まれた目的を達成されました。彼の方々が目的を達成されるまでの間にあった大きな妨げのことは言うまでもありません。このことはこれまでに日蓮が申し上げた通りです。そのかた方と同じように日蓮は、建長五年四月二十八日より二十七年で目的を達成しました。その間に日蓮が受けた大きな妨げについては皆さまがよくご承知の通りです。(中略)
  (この信仰をすることで色々な妨げが出てまいりますが)毎月毎日南無妙法蓮華経の信仰を弱めてはなりません。少しでも信仰の心が弱くなりますと悪魔が私たちに襲いかかってまいります。

〈本門戒壇の大御本尊〉

 私たちの総本山、日蓮正宗富士大石寺の奉安堂に御安置申し上げる、本門戒壇の大御本尊様が顕されたのが弘安二年(一二七九年)十月十二日です。

 世界中の思想や経済が混乱する時代に、私たちを幸せに導くために真実の仏様が出られて教えを説かれる、とインドの釈尊が経文に書き残されております。この言葉通りに、日本の鎌倉時代に日蓮大聖人様がお出ましになり、南無妙法蓮華経の御題目を唱えはじめられたのが建長五年四月二十八日です。

 それ以降、正しい教えを弘める者には数多くの妨害があると、これも釈尊が預言しておりますが、日蓮大聖人様はこの預言のままに、多くの妨害を乗り越えて教えを弘められ、久遠の昔からの仏様としてのお姿を明らかにされました。また日蓮大聖人様以外に法華経を弘めることで布教の妨害を受けた方はおりません。

 そして、弘安二年十月十二日に大御本尊様を御建立下さったのです。この大御本尊様こそ、私たち全人類を幸福に導いて下さる唯一無二の仏様です。

 大聖人様は仰せです。

「日蓮の教えを信じて、どのようなことがあっても自らと周りの人たちの幸せを願って南無妙法蓮華経と唱えましょう。毎月・毎日、強く信じて励めば、あらゆる困難を克服することができます」と。

 モンゴルの皆さまをはじめとする世界中の人たちの幸せを願って、皆で心を一つにして南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経と唱え続けようではありませんか。

 

(日蓮正宗佛乘寺)


文責編集部 転載複写等禁止

日蓮正宗向陽山佛乗寺

ページのトップへ戻る