新年の辞
 立宗七五三年の新春を心よりお喜び申し上げます。

『十字御書』
十字一百まい・かしひとこ給び了んぬ。正月の一日は日のはじめ、月の始め、としのはじめ、春の始め。此をもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく、日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく、とくもまさり人にもあいせられ候なり。(一五五一頁)


 『十字御書』は、新年を「大御本尊をもてなす心」で迎える私たち日蓮正宗の信仰者の幸福を教えて下さる御書です。

 当抄はみなさまよくご承知のように、雪深い身延山中におわします日蓮大聖人に、お正月にあたって、蒸した餅やくだものを御供養を申し上げた重須殿の女房、すなわち南条時光の姉に与えられたものです。弘安四年一月五日、大聖人六〇歳の御時です。

 なぜ新年を「大御本尊をもてなす心」で迎える私たちが幸福な境涯なのでしょうか。思いますに、正月は一年のはじめです。すべての始まりです。その正月をもてなすことは一切を「もてなす」ことに通ずるからです。

 大聖人は「正月をもてなす」と表現されます。「もてなす」とは、相手を大切に思って待遇することです。そこで、正月を迎える心構えとして、「大切な人を迎えるようにしなさい」と教えて下さるのです。

 「もてなす」とは感謝の意を表すことでもあります。それは、「私たちが御本尊に生かされている」ということの表れです。米やミカンは私たちに食べられるため実をつけたのでしょうか?そんなことはないはずです。子孫を残すために、実をつけたのです。同じように、魚や鳥たちも。

 他の生物の命を摂取して生きている私たちのありかたを考えるとき、どうしても「御本尊に生かされている」と思わざる得ません。そのように思うと、生かされていることへの感謝の念が自然自然のうちに湧いてまいります。そして、感謝の念をどのように表してゆくかを考えるようになります。

 その方法を大聖人は「南無妙法蓮華経」と教えて下さるのです。したがって、一年のはじめを大切に思い「南無妙法蓮華経」とお題目を唱える修行は実に貴いものなのです。だから、その思いを実践するゆるぎない方法が確立されている日蓮正宗の信仰者は幸福なのです。

 また、『秋元殿御返事』の中では正月のことを、
「正月は妙の一字のまつり」(三三四頁)
と仰せになります。妙法のまつりを大切に思い、心より慶祝することですから功徳もまた大きいことを知るべきです。「徳が増(ま)さり人々からも愛されるようになる」とのありがたい仰せが心に染み入ります。

 さらにまた、「もてなす」ことは修行です。修行とは「南無妙法蓮華経」と唱え折伏を実践することです。『開目抄』では、
「無道心の者、生死をはなるゝ事はなきなり」(五七七頁)
と述べられます。「道心」は道を求め、修行に励むことです。したがって、「道心」があれば生死の苦しみを解決することができる、との仰せです。私たちは生死の苦しみから解き放たれ、悠々と今生を過ごす仏力と法力を得ております。信力も行力も具えております。成仏は確実に私たちの手にあるのです。

 そこで、「しなければならない」と考えるより、「お題目を唱えると幸福になれる」と考えることを勧めます。「折伏をすれば罪障が消滅する」と教えて下さる大聖人のお言葉を素直に拝するすることができるようになりたいと思います。素直な生き方が実は積極的な生き方です。

 ところが、積極的な生き方と消極的な生き方は表裏です。凡夫の心は縁により左右されます。そのためにも、「しなければならない」と思うより、「すればこのようになる」と我が心を大聖人の教えに縁をさせること、「御本尊様のお心を」と第一とすることです。御本尊様第一が日蓮正宗の信仰者のあり方です。それには御本尊の前で唱題をすることです。そして、「大聖人様、私も広布のお役にたつようにしてください」とお願いをするのです。

 素直になれば
「一人ひとりの力に会わせて、御本尊のお徳を語ろう」(諸法実相抄)
との仰せである「折伏」もできるようになります。

 本年は、いよいよ本堂の新築工事が始まります。本堂の新築とは、法華講衆の力で新たに御本尊様のお住まいを御供養することです。日蓮大聖人様がお歓び下さると確信をいたします。大聖人様がお歓び下されば、私たちは大きな功徳が頂けます。

 日蓮大聖人よりの御付嘱を承けられ、本門戒壇の大御本尊を御所時遊ばされる日顕上人猊下のもとで、『生死一大事血脈抄』の
「日蓮が弟子檀那等自他彼此の心なく、水魚の思ひを成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱へ奉る処を、生死一大事の血脈とは云ふなり」(五一四頁)

との御聖訓のままに、
「桜梅桃李」(御義口伝・一七一一頁)
の修行に励みましょう。そして、自身の幸福と世界中の人々の幸福を願う富士大石寺の信仰を実践し、仏乗寺一〇〇〇所帯の達成に参加しようではありませんか。

 仏乗寺法華講員のみなさまの益々のご活躍を心より御祈念申し上げます。


平成十七年 一月一日

佛乗寺住職 笠原建道