落慶法要目前 現場レポート

〜 “”の嫌がらせ 〜
23日の落成式が気になってしかたのない三色奇狂の者が佛乗寺の周辺を小さなオートバイで徘徊しています。以下は現場の前で大工さんと話をしているときに、なにやら叫きながらオートバイが近づいてきましたので何気なく見ますと三色の旗を付けてた小さいバイクが走り抜けてゆきました。ヘルメットにサングラス、マスクをしていたのでしょうか、異様な風体でした。その時の大工さんとの会話です。

何を言っているのか良く聞き取れませんでしたが、「臆病者」といっていたのではと大工さんは言っておりました。
その時の大工さんとの会話です。

大工さん: 「あれは何ですか」
私: 「三色の旗を見ましたか」
大工さん: 「付いていましたね」
私: 「あれは池田大作を信仰している者たちが好んで付ける旗ですから、きっとその仲間ではないでしょうか」
大工さん: 「そうすると○○学会ですか」
私: 「そうでしょうね。おそらく」
大工さん: 「あんなふうに変わってしまったんですか。怖いところですね」
私: 「変わったのではなく元もと持っていたものが面に出できたのでしょうね」
大工さん: 「そうですか 近寄らないようにしなければなりませんね。親戚で入っているのがおりますので注意をしてやりましょう。○○党にも今後は投票しないようにしないと」


「還著於本人」の御指南を心にとどめ、自らを戒めることが大事であると思いました。自らの信仰に「誇り」を持てなくなるとかれらのようになるのでしょうか。現身に「修羅界」が顕わている彼らを見て、我が振りを見つめたいと思いました。彼らの悪事は彼ら自身がその身に受けることになるのは御書の上から拝して明確です。

ビデオカメラも作動しておりますので面白い姿をアップできると思います。

(文責編集部)



Home http://www.butujoji.jp/