平成14年10月号

御住職ご指導

二箇相承を拝して

 弘安五年(1283年)十月十三日、武州池上(東京都大田区池上)の地で、日蓮大聖人様は御入滅遊ばされました。

 大聖人様は、九箇年過ごされた身延山を、九月八日に御出立になり、池上兄弟の館に到着されたのが、十一日後の九月十八日でした。

 身延山を御出立になるに先立ち、

『日蓮一期弘法付嘱書』  弘安五年九月    六十一歳

日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す、本門弘通の大導師たるべきなり。国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。時を待つべきのみ。事の戒法と謂ふは是なり。就中我が門弟等此の状を守るべきなり。
 弘安五年壬午九月 日
                    日蓮 花押
 血脈の次第 日蓮日興               (一六七五)

との御文をもって、日興上人に広宣流布の一切を御付嘱になられました。

 そして御入滅の十三日、

『身延山付嘱書』  弘安五年十月十三日    六十一歳

釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す。身延山久遠寺の別当たるべきなり。背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり。
 弘安五年十月十三日
  武州 池上           日蓮 花押   (一六七五)

と、御付嘱状を再度認められ、日興上人への御付嘱を徹底されます。そして、どちらの付嘱書にも、最後に「戒勅(いましめ、きをつけさせる意)」の御指南があります。

身延山相承書では、
「就中我が門弟等此の状を守るべきなり」
がそれにあたり、池上相承書では、
「背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり」
が戒勅になります。

 この御相承書を通して、大聖人様は私たちに、どのようなことを御教示下さるのでしょうか。先には、「日蓮のいうことを守りなさい」という比較的優しいお言葉でした。ところが、後には、「日蓮のいうことに背いたら謗法である」と大変強いお言葉で御注意をされます。

 「唯授一人の御相承」が、日蓮大聖人様の仏法においてはいかに大切であるかを私たちに御指南下さるのです。

義浄房御書で、

「相構へ相構へて心の師とはなるとも心を師とすべからず」(六六九)

との御指南と、併せて拝するならば、自ずから答えは明らかになります。

 大聖人様のお心を我が心として、血脈を御所持遊ばされる御法主上人の御教えのままに、唱題に折伏に精進することが、一生成仏の功徳を実感することが出来るただ一つの道です。

 佛乗寺法華講の皆さま、いよいよ本門戒壇の大御本尊様を御安置申し上げる「奉安堂」が落成します。日蓮大聖人様のお住まいを私たちの力で御供養申し上げることが出来ました。

 自慢は慢心に通じますから戒めなくてはなりませんが、宗旨建立七五〇年をお祝い申し上げ、御供養させていただいたことは、子孫に誇れる信心の実践である、と胸を張っても良いのではないでしょうか。

 多くの迷える衆生を、大御本尊様の下に導くことが、私たちに与えられた使命です。誇りと自覚をもち、「この秋」の精進を誓おうではありませんか。

(文責編集部)