平成15年 1月号
御住職ご指導

立宗七百五十一年の新春を迎えて
十字御書
弘安四年一月五日 六〇歳
(新編御書 一五五一頁)

十字一百まい・かしひとこ給び了んぬ。正月の一日は日のはじめ、月の始め、としのはじめ、春の始め。此をもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく、日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく、とくもまさり人にもあいせられ候なり。



 宗旨建立七百五十一年の新春を謹んでお慶び申し上げます。

 昨年は、宗史に輝く節目でありましたが、御法主上人の御指南のもと、お一人お一人の強い御信心で障魔を打ち破り、乗り越え、一生成仏の貴い修行に励むことができました。

 仏乗寺法華講の皆様には、喜びの中で新年を迎え、新たなる前進を決意されていることとお慶びを申し上げます。
 掲載の御文は、南条時光殿の姉上である重須殿の女房が、正月にあたり日蓮大聖人様に、餅や果物のを御供養したことに対する返事として与えられたものです。お正月を、御本尊様を根本にして迎える功徳の大きさを教えて下さる御書です。

 この中で、「徳も勝り人にも愛せられ候」と仰せです。徳が勝るとは、仏界の涌現を仰せになるのです。そこには当然の如く、周囲の人達から大切にされる要素が含まれます。

 三世の生命の上から考えるならば、経済的な成功よりも、精神的な成長が大切であるとは、誰しも思うことです。ところが、凡夫の我らは、どうしても目に見えることに重きを置き、内面を軽視しがちです。そのような風潮の強い現代社会ですから、より御指南の重要性を認識しなくてはなりません。

 内面の充実を目指すことが大切な理由は、物質は有限であり、精神(心)は無限の広がりがある、と知ることにより、理解できるでしょう。バブル崩壊後の日本には不況の風が吹き荒れ、経済的不安に心を痛める毎日です。しかし、世界に目をむけると、もっと厳しい現実に直面している人々がいることに気づきます。そういたしますと、私どもの日々の幸不幸は、価値判断の基準をどこに置くかによって決まるといえます。そこで、有限の物質(物やお金等・外面)に基準を置くより、無限の広がりを持つ精神(心・内面)に基準を置くことが大切になるのです。

 大聖人様への信心は、人界の衆生に具わっている仏界を涌現させる信心です。世界中の人々が仏界の涌現を成し得たならば、争いのない平和な世の中が出現することになるのです。これが「立正安国論」での大聖人様の教えです。その精神を根底に置き、この御文のように、日々の実践に努めることを教えて下さるのです。

 高く大きな目標に向かい、日々着実な精進を重ねて参りましょう。理想を高く掲げ、地道な実践を重ねるところに仏界の涌現がかなうのです。
 
 本年のご精進とご多幸をお祈り申し上げます。
新年の抱負
 新年明けましておめでとうございます。

 昨年は法華講三十万登山の完遂、奉安堂の落慶と正しく『法礎建立の年』、『立宗七百五十年』に相応しい年でありました。

 そして本年は『広布大願の年』であります。御法主上人猊下よりの新たな御命題であります平成二十一年の『立正安国論正義顕揚七百五十年』においての「地涌の友の倍増乃至、それ以上の輩出と大結集」を果たすための第一歩の年であります。この第一歩を踏み外しては前に進む事はできません。

 佛乗寺は一昨年、昨年と折伏成果百世帯を越え確実に一歩一歩前進しております。そして本年の佛乗寺の折伏目標は百世帯であります。この目標を必ず達成し、本年の『広布大願の年』に相応しい大きな一歩を踏み出していきましょう。 (法大さん/大学2年)


 新年あけましておめでとうございます。

 私が佛乗寺に来て、九ヶ月もたちました。その中でいろいろと仕事を覚え、いろいろな経験を積み、微力ではありますけれどもお寺のお役に立ちたいと願い日々精進しております。けれども、反面佛乗寺での生活に慣れたせいか、ふと息抜きしたくなるときもあります。今年は「広布大願の年」であり立正安国論正義顕揚七五〇年に向けての第一歩の年ということもありこんな自分を直さなければならないと思います。

 西洋の言葉に「マーマレード・スプーン」という言葉があります。これは、マーマレードの付いたスプーンは、始めは甘いけれどもなめているうちにスプーンの鉄の味がしてくる。というように、物事は始めは甘いものなのだということであります。このマーマレードは、私の佛乗寺での生活の慣れにあると思います。まだスプーンの味はしていませんが、この調子でいくと必ずその味を味わう時が来ると思います。ですから、この辺でけじめをつけて反省し、新たな志を持って、二〇〇三年を迎え、そして今まで十九年間生きてきた中で最高の一年にすることが出来るよう心を引き締め、信心修行に励んでゆこうと思います。そして、計画倒れとならぬよう、将来を見据えて頑張ろうと思います。本年も宜しくお願い致します。(法玉さん/大学1年)
新年の挨拶
■講頭

 「広布大願の年」の新年明けましておめでとうございます。

 御住職笠原建道御尊師には、益々お元気に我々信徒に対し一人一人の罪障消滅、一生成仏への信心を御指導くださっています。

 「立正安国」とは、御本尊様を根本にしていくことに、国の安定があると云う事です。私達自身に於いても同じ道理だと思います。

 御住職のもと、我々信徒一同、心を一つにして、指導の一つ一つを深く心に留め、そして実践してゆく。

 唱題を基本として折伏に、家庭訪問に元気一杯頑張りましょう。



■副講頭

 広布大願の新春、明けましておめでとうございます。

 本年より七年後、「『立正安国論』正義顕揚七百五十年」に向かって地涌の眷属倍増を目指す一年目の年です。

 御住職様の御指導のもと、御命題に向かって精進してまいりましょう。本年もどうぞ宜しくお願い致します。



■副婦人部長

 新年明けましておめでとうございます。昨年は皆様方には大変お世話に成りまして有難うございます。

 さて、昨年は宗旨建立七五〇年の大佳節に「法礎建立」の名に相応しく信心の礎が出来上がりました。さらに本年は「広布大願の年」と銘うたれ、世界広布へ向かい前進する大折伏戦へと展開されようとしています。

 来る平成二十一年「『立正安国論』正義顕揚七五〇年」には、今回に倍増する地涌の友の輩出をもって荘厳し奉らんとの、御指南を賜りました。その六年後を目指し佛乗寺支部一丸となって、本年の折伏目標百世帯早期完遂に向かって頑張って参りましょう。

 婦人部は、「報(告)」・「連(絡)」・「相(談)」を合言葉に何でも話し合える婦人部に成長してゆきたいと思っています。本年も宜しくお願い致します。



■中野総地区長

新年明けましておめでとうございます。本年も新しい目標に向かって頑張ってまいりましょう。



■杉並東総地区長

 明けましておめでとうございます。

 今年は「広布大願の年」となっております。また佛乗寺では、御住職様より千所帯目標との御指導がありました。今の世界情勢は、いつどこで世界を巻き込む戦争が勃発しても不思議でない世の中となっております。東総地区では、如何に折伏が大切なものかという事を、地区長はじめ地区員の方々が認識しあい、一人が一人の折伏を目標に取り組んでまいりたいと思っております。



■杉並西総地区長

 平成十五年の新春明けましておめでとうございます。

 さて、本年は「広布大願の年」と銘うたれ新たな出発をする事になりました。昨年は宗旨建立七百五十年の大佳節を慶祝し、法華講三十万総登山、総本山奉安堂建立をはじめとする慶祝記念事業がことごとく達成出来ました事に心から喜びを感じました。思えば、講中の皆様方それぞれが己心の魔に打ち勝ち、一致団結した動きによって、佛乗寺支部誓願目標を大幅に突破し千百十七名が無事御登山できました。僧俗一致・異体同心の力をこの時ほど強く感じた事はありませんでした。

 「一年の計は元旦にあり」と諺にある様に、お正月に「今年は昨年より沢山唱題しよう」「今年は何とか一人でも折伏させていただこう」と決意して一年のスタートを切り出したいと思っております。昨年は大事な折伏が出来ず大変悩みました。どこに自分が折伏出来なかった原因があるのか、自分自身の信心の上で自分を反省し、前向きに進んで行こうと決心しています。

 折伏について御住職様は、「特別の方法はありません。本気になって、相手を救おうとの一念をもってお話をすれば必ず仏様から御仏智をいただき成就します。」と御指導されております。

 大聖人様は
 『日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず』
と仰せです。

 私自身この御金言を胸にきざみ、西総地区の皆様と共に、勇気・やる気・根気で一人が一人の折伏をさせていただきたいと願っております。今年も引き続き西総地区での一時間唱題を続けていくつもりでおります。

 六年後に掲げられた新たな御命題に向かって、一人一人が、素直な信心、正直の信心で広宣流布実現に努力して行きたいと思っております。今後共、宜しく皆様の御指導の程お願い致します。
感動・初めての登山

外国からの留学生でこの度初登山をされた方から感想を頂きました。ご一読をお勧めします。 ヤティさんは 来日してまだ日が浅く 現在は大学で日本語の猛勉強中です。
 はじめまして、ヤティと申します。インドネシアから参りました。

 今日、二〇〇二年十二月二十三日は私の初ご開扉です。小さい時から信心して よく姉、私、妹二人、いとこ三人で一緒に唱題をしました。唱題をした後、姉はよく子供への仏教の童話を話してくれました。今日、ご開扉ができて、本当に嬉しいです。奉安堂に入って、座っている時、言葉に表せないほど 心がすごく嬉しくて突然、涙が出てしまいました。そういう嬉しさは誰でも体験した事があるでしょう。私は産まれてから 今 日本にいて、大石寺に来られて、今 本当に奉安堂にいるの?と思いました。 夢にも全然思わなかったです。前、自分の国にいた時、自分に約束しました。もし、いつか 初めて日本にいったら、大石寺へ行きたいです。ご本尊様に感謝の気持を述べたいですと約束しました。今度本当に行けるか、行けないか、今 考えても、まだ わからない、ただ祈って 自分に約束するだけですと思っていました。

 今日、本当に夢みたいです。子供の時の事がよみがえりました。 私はあまりたくさん喋れないので、これで 以上です。今日、感謝の気持をご本尊さまに言えて 嬉しいです。ご住職様、どうもありがとうごさいます。

 今日、夢だった希望、子供の時の希望が実現しました。小さい時 私は ここにいたいという気持がありました。御開扉する時、今 夢かな? 大人になった夢かな? と思いました。回りの人を見たら、特に私の隣の人、違います。 大人になった夢ではありません。本当の事です、 と 心で思いました。子供の頃、一番sweetな 頃だと思います。 日本に留学ができて、本当にご本尊様からプレゼントみたいです。留学する前に試験を受けなければならなかったからです。競争もけっこう難しかったと思います。

 御開扉の時、言いたい事はもう全部ご本尊様に言いました。

 ご住職様、どうも ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
佛乗寺ナイス・ニュース
〜 初参りおめでとう 〜
 昨年の十二月十四日に中野総地区のSさん御夫妻の御長女が御授戒を受けました。

 日蓮大聖人様は、
 「就中、夫婦共に法華の持者なり。法華経流布あるべきたねをつぐ所の玉の子出で生まれん。目出度く覚え候ぞ。色心二法をつぐ人なり。」
と仰せられているように、妙法を受持する夫婦の間に生まれる子供は、信心を受け継ぎ、正法流布の担い手としてこの世に生まれてくるのです。

 お子様の健やかな成長をお祈りいたします。
恒例のお餅つき
 昨年十二月二十二日、恒例のお餅つきが、天候も回復して行われた。

 今年は特に子供達が多く参加しにぎやかな会となった。さて、つきたてのお餅は婦人部の手で、おぞうにと、おしるこに仕立てられ、皆においしく振舞われた。
編集後記
 「広布大願の年」の新春を迎え、更なる御精進を各自決意されたことと存じます。

 昨年は、宗旨建立七五〇年、三〇万総登山完遂、奉安堂建立という大変意義深い年でありました。そして本年は「広布大願の年」と銘打たれました。平成二十一年立正安国論正義顕揚七百五十年の新たなる御命題の達成に向かっての第一歩の年であります。

 新春の辞において御法主日顕上人猊下は
  「昨宗旨建立七百五十年における宗内一致報恩事業完遂の意義を受けて、さらに正法弘通顕揚の第一歩を踏み出す年である。」
と、御指南されております。

 しっかりとこの御指南の意味を自覚し、肝に銘じて努力を惜しまず、自行化他にわたる精進の歩を更に進めていく有意義な一年にして参りましょう。

(文責編集部・禁複写転載)