平成16年12月号
御書拝読と御指導

『南条殿御返事』  新編御書 九四九頁    

 しかるに亦於現世得其福報の勅宣、当於現世得現果報の鳳詔、南条の七郎次郎殿にかぎりてむなしかるべしや。日は西よりいづる世、月は地よりなる時なりとも、仏の言むなしからじとこそ定めさせ給ひしか。これをもておもふに、慈父過去の聖霊は教主釈尊の御前にわたらせ給ひ、だんなは又現世に大果報をまねかん事疑ひあるべからず。かうじんかうじん。


【現代語訳】

そのようなわけですから、「現世にはその福の報いを受けることができる」との仏様のお言葉や、「必ず現世において現実の果報を受けることができる」との仏様のお言葉は、南条七郎次郎時光殿に限っては空しいはずがありません。たとえ太陽が西から昇るような世の中になろうとも、月が大地から出るような時になっても、仏様のお言葉の空しくなることはないと決まっております。このような仏様の仰せを拝して今のことを考えてみますと、亡くなられた父上は仏様の御前におられます。そして、御本尊様に御供養をされ、亡き父上の孝養に努める南条時光殿もまた現世に大きな果報を招き寄せることができます。これは疑いのないことです。目出度いことです。目出度いことです。


【語句】

○亦於現世得其福報
=法華経普賢菩薩勧発品第二十八の文
「所願虚しからじ。また現世において、其の福報を得ん」とあり、御本尊様を受持する信仰には現世において功徳のあることが説かれている。

○当於現世得現果報
=法華経普賢菩薩勧発品第二十八の文
「もしこれを供養し、賛嘆すること有らん者は、当に現世において、現の果報を得べし」とある。ここでは「現の果報」とある。このことから、法華経(御本尊様)の信仰は、この現実世界をいかにすれば改革し、よりよいものに出来るか、を主題にして説かれていることを知らねばならない。

○勅宣・鳳詔=天子、国王の言葉
ここでは仏様のお言葉として用いられている。

○南条の七郎次郎殿=南条時光のこと。父親を南条七郎といいその七郎の次男であることから七郎次郎という。

○だんな=檀那のこと。梵語ではDana(ダーナ)という。発音に漢字を当てはめるとこのようになる。布施の意。転じて施主・御供養をする人の意。仏法僧の三宝を外護し供養する人のことを檀那というようになった。檀越ともいう。日常的に用いられる「家の檀那さん」という言葉は仏教から生まれたもの。

○大果報=大きい幸せのこと。果は結果。報は報い。過去世における善悪の業が原因となって現れることで、心に受けるものを「果」といい、外形・肉体に現れるものを「報」という。当抄での意はしたがって、精神的にも肉体的にも大きな幸福に恵まれる、との意。


【ポイント】

 南条時光が建治二年のお正月の御供養として、お餅やお酒や川海苔や大根などの野菜を大聖人様にお供えした時の御返事の結びの部分です。山中の大聖人様を案ぜられた時光の心遣いが御供養の品々から伝わってまいります。また、幼くして父を亡くした時光は、常に父の来世を心配しそのために追善供養をしていたことも想像できます。そのような子供の心をよくご理解されていた大聖人様は「亡き父上は必ず成仏しております」ということを、仏様の御前におられます、と仰せになり、御本尊様の信心は親子同時の成仏であることを教えて下さっております。

 当抄から、毎月一日の永代経は、亡き方々の成仏を願う場であり、また生きている私たちの修行の場であることが知れます。さらに、法華経の道塲であるお寺は、心身に大果報を受けるための修行の道場であることを学ぶことができます。

 師走を迎え忙しいことお思いますが、御本尊様を大切に思い、亡き方々のことを忘れずに修行に励む皆さまに大きな果報があることは間違いのないことです。ご精進ご精進。
平成十六年を振り返って
 振り返ってみると本年は、約二千年ぶりの集中豪雨による水害、大型台風そして先日の新潟中越地震など大災害が連続して起こっています。

 これらの一連の出来事は邪宗教、特に創価学会の大謗法による現罰である事は間違いありません。

 そのような中我が佛乗寺は本年の折伏目標を百二十世帯として頑張っていました。しかしながら成果はもう一つ伸び悩んでいた九月、モンゴル国に於いて九十九世帯の折伏成果を得る事が出来ました。これには笠原御住職自ら御多忙の中、日蓮正宗始まって以来のモンゴル国への出張御授戒を挙行していただいた結果であります。これもひとえに御住職様の日頃の折伏への信念と行動力、そして佛乗寺檀信徒皆さんの広布への願いが叶った結果であります。

 ほっと一息つきたいところでありますが、当佛乗寺は平成一八年の春に一千世帯の達成と新本堂建立、そして御法主上人の御下向を願っている最中であり一日も気が抜けません。一千世帯まで七十世帯を切りました。講員一同全力で折伏に邁進していきましょう。

 尚、先日モンゴルより皆で勤行唱題に励んでいるとの報告がありました。気温はマイナス二十一度だそうです。


(室井折伏推進委員長)
婦人部交流会開催

 十一月二十日午後一時三十分より、唱題の後婦人部交流会が開催された。

 御住職様から『千日尼御返事』を通して、法統相続はどうしたら出来るのかとの御法話を頂いた。子供達に信心しなさい、お寺へ行きなさいと言葉に出して言わなくても、自分がどれほど御本尊様に対し奉り、信奉し尊敬の念を抱いているか、行動で見せていく事が最も大事である。そうすれば必ず、自然と法統相続できるという事を学び、皆で感動して、自分の信心を確立してゆく事を話し合い有意義な会合となった。

 今後も継続し、毎月第三土曜日の午後、本堂に集おうという事になった。

 一月は、第三土曜日が中級教学試験の前日にあたるため延期し、第四週の土曜日に開催される。一人でも多く参加し共々に有意義な時を過ごしましょう。
七五三祝い
 本年も十一月十五日を中心に、七五三のお祝いが行われました。この行事の意義について、「日蓮正宗入門」よりおさらいしてみたいと思います。

 子供の成長の節目とする、三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児を対象に、毎年十一月十五日に七五三祝いが行われます。

 本宗では、一応世間の風俗に習って、七五三祝いの日に寺院でその祝儀を行います。これは悪鬼の宿る神社に詣でるのを防ぎ、正法の寺院に参詣せしめるという目的から行われています。

 大聖人様は、
「女子(おなご)は門をひらく、男子(おのこご)は家をつぐ。日本国を知りても誰にかつ(継)がすべき。財を大千にみ(満)てゝも子なくば誰にかゆづ(譲)るべき。されば外典三千余巻には子ある人を長者といふ。」(上野殿御返事 新編一四九四)

と仰せられて、子供は無上の財であると教えられています。すなわち、正法を持った親にとって子供は、大聖人の仏法を受持し、広く流布していくための大事な後継者である事から財といえるのです。

 また、十一月十五日は第三祖日目上人の祥月命日にあたっています。広宣流布の暁には、日目上人が出現されるという、宗門古来の言い伝えがあります。

 したがって、この意義ある日に寺院に参詣して仏祖三宝に御報恩申し上げ、未来における広布の担い手である子供の息災と成長、さらに信心倍増を祈念する事が大事なのです。

(『日蓮正宗入門』より転載)
佛乗寺ナイスニュース
結婚おめでとう!

 去る10月23日、佛乗寺本堂に於いて、Iさんと、Kさんが結婚式を挙げられました。

 新婚のIさんに一言コメントを頂きました。

 『これまで、結婚って何だろうと日々考えながら生活してきたものの、いざ結婚したら今までお互いに見えなかったモノや廻りのモノが落ち着いて見えるようになり、今までと違った毎日を送っています。当日は多数の方達にお祝いしていただき誠にありがとうございました。若い二人ではありますが今後ともどうぞよろしくお願い致します。』


末永くお幸せに!
編集後記
「破邪顕正」の年が暮れようとしている。本年は天変地夭が日本のみならず世界中の人々を苦しめた年であった。

 新潟中越地震の際には、ちょうどお寺の勤行の時間に起こったため、本堂でお題目をあげながら揺れを体験した。そのせいもあってか、家に帰ってからニュースで大変な事になっている事を知った時には、これまでにない強い危機感のようなものが走り、これほどまでに天変地夭が連続する意味、原因を言葉の上辺だけでなく、しっかり自分の腹でわきまえる時と感じ、御仏智を下さいとお題目を挙げた。

 明年に向かい、御住職様の御指導を受けきり、更なる創価学会員への折伏に精進して参りたい。

文責編集部 転載複写等禁止



Home http://www.butujoji.jp/