平成17年12月号
御指導
 
『地引御書』 弘安四年十一月二十五日  六十歳
(一五七七頁)


坊は地ひき、山づくり候ひしに、山に二十四日、一日もかた時も雨ふる事なし。十一月ついたちの日、せうばうつくり、馬やつくる。八日は大坊のはしらだて、九月十日ふき候ひ了んぬ

 今月の二十五日午後二時から新本堂の起工式があります。起工式のことを世間では地鎮祭といいます。地の神の御心を鎮める、という意味でしょうか。日蓮正宗ではこの言葉を使いません。なぜならば、御本尊様を御安置するのですから、地の神の心を静める必要はありません。むしろ反対に、御本尊様の住されるところをお護り致します、との立場にあるのが地の神です。

『刑部左衛門尉女房御返事』には、
「不孝の者をば日月も光ををしみ、地神も瞋りをなすと見へて候(乃至)不孝の者の住所は常に大地ゆり候なり」(一五〇三頁)
とあります。親不孝な者は、太陽からの恩恵も受けることができず、そればかりか地神の怒りに触れ地震が起こることが述べられています。さらに下文には、
「大地破れて無間地獄に入り給ひき」
とありますように、仏の教えをないがしろにすれば最後は大地が裂けて無間地獄に堕ちるのです。

 日蓮大聖人様は、
「法華経は親孝行なお経である」(『開目抄』五六三頁)
と仰せ下さっております。ですから、御本尊様を御安置申し上げ、日夜怠らずに修行に励む私たちは「親孝行」を尽くしていることになります。大聖人様のお言葉です。有り難いことです。

 そういたしますと、地神が怒るどころか御本尊御安置の所は素晴らしいところである、と感じ、一層の加護に励むことは間違いありません。太陽や月、また大地からの恵みを存分に受けることのできる功徳がこの信心にはある、ということです。地の神の御心を鎮めるのではなく、彼の心を歓喜させ、加護の働きに一層励むように促す御本尊様のお力があります。ですから地鎮祭とはいわずに、工事が始まる、という意味で「起工式」というのです。

 拝読の御書は、大聖人様が身延山中に坊を建立されたときの様子を書き記して南部殿に与えられたものです。
「坊は地ひき、山づくり候ひしに」
とあります。「地ひき、山づくり」との御文から、山を削って地面を平らにされた様子が伝わってまいります。鍬や鋤を手に手に土を均し、地面を踏み固める南条時光をはじめとする法華講衆の姿が目に浮かびます。また、日興上人や日目上人も檀信徒の中に入って、共に汗を流されたことでしょう。

 天候にも恵まれた様子も記されております。そして全てが順調にはかどったのもご信心の功徳であることを、
「さだめて子細あるべきか」
と述べられます。大聖人様のもとで、僧俗一致した思いと実践は、十間四面(一間は百八十センチ)の立派な坊となって完成しました。大聖人様が御入滅になるちょうど一年前のことでした。

 我が仏乗寺も起工式を執り行います。御本尊様を御安置申し上げる建物の工事ですから、この御書にあるように、私たちもスコップを持って工事現場に入りたいところです。しかし、そのようなことをすると危険である、と現場監督に注意されます。そこで、工事に参加したい、という強い思いを「折伏の思い」に代えてご奉公をしようではありませんか。直接手を出す代わりに「祈り」として現場で働く人たちを応援しようではありませんか。私たちの祈りは強い力となって職人さんたちの後押しとなります。その祈りは立派な建物になって必ず現れます。

 最後に起工式に関して大切なことを申し上げます。大聖人様は「桜・梅・桃・李」の原理から、それぞれの働きが必ずある、だから各自が自覚してその役目を果たすことが法華経の教えである、と御指南下さいます。そういたしますと、当日会場に落ちているゴミ一つ拾うのも立派なご信心です。むしろ「陰徳陽報」の教えからすれば大聖人様のお誉めの言葉はそこにある、と申し上げても過言ではありません。式では多くの方の協力をいただきます。現場の設営や案内等でご奉公される方、裏方で支えて下さる方、それぞれの持ち場持ち場でご精進下さい、ということです。 

 明年の今頃になります。総本山から御法主上人をお迎えし落成入仏式を執り行います。その時に、御本尊様の功徳をしっかりと受けられるように各々の立場で精進をしようではありませんか。

 世間では十二月を年末としますが、仏乗寺は始まりの月です。お一人お一人が、落成入仏式を大きな節目として成長できますように御祈念申し上げます。
仏法は絶対平和主義
 立正安国論正義顕揚七五〇年に残すところ四十四ヶ月。明年は「決起の年」と位置づけられ、私たちの精進をうながして下さる。

 私たちが生活する今日の姿は、弱者と強者、勝ち組と負け組等の二元論で物事を論じ、その因を深く追求することをしない「思考停止社会」であるといえる。そのことを如実に物語っているのが「姉歯事件」である。煩悩濁以外の何ものでもない。

御書を拝すると「五濁悪世」と説かれる。五濁悪世とは、五種の濁りのことで、劫濁・煩悩濁・衆生濁・見濁・命濁の五つをいう。
@劫濁(こうじょく) 戦争や疫病や飢饉など、時代の濁り。
A煩悩濁(ぼんのうじょく) 貪・瞋・癡・慢・疑の煩悩による、心身の濁り。
B衆生濁(しゅじょうじょく) 煩悩におかされた人間の集まり、すなわち社会全体の濁り。
C見濁(けんじょく) 身見・辺見・見取見・戒取見・邪見などによる、思想的な迷い。
D命濁(みょうじょく) 見濁や煩悩濁が原因となって起こる衆生の生命の濁り。

『曽谷殿御返事』には
「五濁強盛にして三災頻りに起こり、衆・見の二濁国中に充満し、逆・謗の二輩四海に散在す。(乃至)大謗法の輩国中に充満し一天に弥るに依って起こる所の夭災なり」とある。(七八一頁)

訳(五濁が盛んであるから兵革の災い、穀貴の災い、疫病の災いが起こり、社会全体が濁り思想の乱れが国中を支配する。逆縁や謗法の衆生はいたるところに散在している。大謗法の者たちが国中に充満し一天を覆うほどであるから三災が起こるのである)

三災を安国論には
「大集経の三災の内、二災早く顕はれ一災未だ起こらず。所以兵革の災なり」(二九八頁)と示される。

意味は、「人々の命の濁りが戦争を引き起こし、生活苦(穀貴)の元であり、疫病となって現れる」ということである。

 このような社会が何故出現したか、その答えも安国論に記されている。すなわち、
「我が法の滅っせんを見て捨てて擁護」
しないからである。「我が法」とは正法のことであり、今日でいえば日蓮大聖人のお建てになった三大秘法の南無妙法蓮華経であることはいうまでもない。

 「安らかで平穏な国の出現を願うのであれば、正しい法を信仰する以外にない」これが大聖人の教えである。

 五濁悪世になるのは、誤った教え、末法の衆生に縁のない教えにこだわることにより、衆生の生命が濁るからである。したがって、人々の生命の本来備わっている「仏の生命」を覚知させることのみが、種々の災いを防ぐ手だてであることを私たちは肝に銘じなくてはならない。

 衆生には本来仏性が具わっている。ところが悪縁により仏性が覆い隠されてしまい、本来の姿が見えなくなっているのである。悪縁とは邪な教えでありその教えを説く者たちである。

 そこで安国論では、
「能仁の以後の経説は則ち其の施を止む」
とあり、謗法への布施を止めることが安国に直結することをご教示である。災いの元は私たちの心から起こるのであり、その心は悪縁に因っているのであるから悪縁を絶ちきることが何よりも重要なのである。

 この御文から、災害に備えるにはどのような道があるかを学ぶことができる。自然災害でさえ衆生の心から起こると、いうのが仏法の教えである。であれば、貪・瞋・痴の三毒が根本原因でおこる兵革の災から身を守るために軍備を整える愚かさに気づくべきであろう。少なくとも大聖人の教えを信じる者ならば、大いなる誤りであることに気づくべきである。武器を持って相手の命を奪うのではなく、相手の命の中にある貪・瞋・痴を打ち破るところに真の平和が生まれる。

 折伏は三災を未然に防ぐための修行である。修行の最終目的は、世界中の人々が争わず自然環境の破壊もせず平穏で明るい社会を実現することである。それを広宣流布という。

 法華経の不軽菩薩品で説かれる、ただひたすら人々を賛嘆し手を合わせる二十四字の修行はまさに今日の私たちに課せられた修行である。大聖人が
「日蓮の修行は不軽菩薩の修行を末法今日に移すものである」(聖人知三世事・七四八頁)
と仰せの如くである。

 御本仏日蓮大聖人が御出現遊ばされた日本に平和憲法があるのも偶然ではない。「戦争はどのような理由があっても絶対にしない」という日本国憲法は大聖人の教えに添うものであり、安国論の精神と合致した現憲法は私たちの誇りとすべきものである。大聖人が教えて下さるように、すべての人々の生命の中に具わる仏性を見つめ、そこに光をあて、一人ひとりの仏性を引き出してゆく行動が折伏である。そして、すべての人々の仏性が表に現れたときが広宣流布の時であり立正安国の実現である。

 この理想を高く掲げ、住みやすい社会が実現するように一歩ずつ着実の前進しようではないか。小さな力であっても、合わせれば偉大な力になり、持続することにより、さらに大きく発展する。日々の精進が大切な所以である。

 先の総選挙で小泉自民党が大勝したことにより、憲法9条を改正し自衛隊を国防軍にする動きが活発になってきた。だが、「国を護る」という大義名分で悲惨な戦争を繰り返した歴史を忘れてはならない。わずか六〇年で忘れてはならない。大聖人の教えからすればこのような理論は明らかに間違いである。そのような人々には、大聖人の次のような御指南を示したい。

 「諸天善神が大蒙古国に仰せつけて日本の人々の誤りを指摘する」

 このお言葉は、法華経が根本であり、法華経の前には国の違い人種の違いその他いっさいの差別など存在しない、法華経、なかんずく南無妙法蓮華経の御本尊こそ唯一絶対のものである、との御確信を表されたものだからである。

 他国から攻められたならばどうするんだ、との問いには、「竜口を思おうではないか」といいたい。ご本尊への絶対の信があれば必ず諸天の加護があることを身を以てしめされたものである。 

 「思考停止社会」は地獄の姿である。しかし、地獄にあることさえ気づいていない人々にも仏性はある。一人一人の心の中にある宝を輝かせるために、日蓮大聖人よりの唯授一人の血脈を御所持遊ばされる御法主上人の御指南を拝し、世界の平和を実現できる唯一の教えである富士大石寺の信仰を高々と掲げ、共どもに進んで行こうではないか。
『活動報告』
於広布推進会(広説寺)
 皆さん今晩は。佛乗寺支部の野島と申します。仏乗寺支部の活動の一端を紹介させて頂きます。

 今年の九期十期の夏期講習会に於いて、御法主上人猊下より現代の一凶創価学会についての御講義を頂きました。創価学会という集団があらゆる面から日蓮正宗を誹謗しておるのみならず、邪義・魔義・悪義を露わにして日本乃至世界の多くの人々をわがまま勝手な思想に於いて、乱して行く 紊乱して行く所の現代の一凶であるとの御講義の最後に於いて、皆さんの周りの創価学会員に対して、「あなたの信仰は、間違っています」との一言でもいいから言い切って行きなさいとの御指南を頂きました。

 我が仏乗寺支部としても、創価学会に対して、その間違いを指摘して行く活動をしていかなければならないとの思いに駆られ、御住職の指導のもと、対話のきっかけを作る手段として、「創価学会員の皆様へ」と云うパンフレットを作り、自分の住所、電話番号、その人に適した一文を書き、封筒に入れ、近所の学会員に手渡し、又ポスト等に入れ、対話のきっかけを作る活動を始めました。多くの人が活動に加わってきています。中には一人で十人、十五人の学会員にパンフレットを渡し、対話している人もいます。私も五人の学会員宅を訪問し、対話のきっかけを作りました。玄関払い又、話す必要もないと言う人もいます。

 その中で、二人の学会員に自宅に来てもらい、話をすることができました。私も含め話し合いのできた講員さんの話をまとめますと、宗門が一方的に学会を破門した。唯授一人の血脈は必要が無い。正しく伝わったとは思わない。信心の血脈があればよい。宗門は広宣流布の為になにもやっていない。ただ儀式・形式にとらわれている。池田先生は世界あらゆる人々と対話して、民衆の中に大聖人様の信仰を広めている。聖教新聞は日本の三大紙の一つであるから、一切間違ったことは書く訳がない。本尊は日蓮大聖人の本尊であれば何でも良い。血脈は不要であり、信が大事である。などと様々なことを言い、中には自分は猊下の悪口を言っているけれども、何も現証は出ていないと言う人もいます。まさに頭破七分の現証です。彼らは本部からの指導、聖教新聞の一方的な話を信じきっています。

 一回や二回の対話で正信に戻すのは難しいと思いますが、確信と慈悲を持って、彼らの一つ一つに破折していかなければならないと思います。ニセ本尊には功徳はない。大御本尊様の成仏の功徳は唯授一人の血脈を離れては絶対にない。大御本尊をお守りできる私達法華講には大きな功徳がある、と言い切ってまいります。

 この度、大白法に池田創価学会裁判結果一覧も出ました。元は、日蓮正宗の信徒として信仰に励んでいた人達です。何がきっかけになるか解りません。勇気と慈悲を持って講員の皆さんが、一人でも多くの学会員に会って、創価学会の間違いを正していかなければならないと痛感しています。また、その輪を大きくしていきたいと思います。仏乗寺支部は笠原建道御住職のもと、折伏誓願目標百世帯達成に向けて進んでまいりました。残すところ十九世帯です。御住職御指導に、「仏乗寺新築は外に向かっては御本尊様の御座します『宝塔』を建立することであり、内にあっては一人一人の生命の中に『宝塔』を打ち立てる修行をする好機です。そのためには、先ず唱題です。総本山への参詣です。御報恩のための修行です。今生で巡り会うことのできた内と外と同時に『宝塔』を建立する好機を逃すことのないように御法主上人猊下の御指南を拝し、折伏の修行に励もうではありませんか」との御指導を胸に、言い訳は言わない、自分を誤魔化さないとの信念の元、目標を必ず達成し、講中歓喜を持って明年の「決起の年」を迎えたいと思います。
体験発表
 みなさん今晩は。私が両親を折伏した時の体験を発表させて頂きます。

 私は五人兄弟の末っ子として、山梨県の三大僻地と言われる田舎の村に生まれました。その様な地域の為、中学三年生までは親と同居しておりましたが、高校生からは親元を離れて生活してきました。両親には、精神的にも経済的にも迷惑を掛けてきましたので、私の心の中では、いつも「親孝行したい」と願っておりました。

 今年のお盆に帰省した時、両親に先祖供養の話をしたところ、檀家になっている日蓮宗のお寺の住職が脳梗塞で倒れてから、三年位まともにお経もあげてもらっていない、という事を知りました。調度いい機会だと思い、両親に正しい信仰をするように勧めました。しかし、両親としては、その寺にお墓もあり、付き合いもありますので、それを切る事は出来ないと言われました。悩んだ末、ご住職様に相談したところ、「出来る方法はある」と言われ、すぐ両親に電話をしてその旨伝えました。すると母は、問題が起きなく、信心が出来るのであればやってもいい、と言ってくれました。この時は本当に嬉しかったです。

 ご住職様が九月の寛師会でお山に行かれるので、その途中、実家に寄って下さり、色々と話をしてくださいました。すると両親は不安が解消されたらしく、だいぶ安心した様子でした。謗法が沢山ありましたので、その場でご住職様と一緒に謗法払いをする事も出来ました。御授戒と御本尊下附についてはご住職様が近くのお寺で構わないと言ってくださいましたが、やはり佛乗寺で行いたいと思い、十月五日に出来る様に、段取りを始めました。私は、御本尊送りの前夜から実家に泊まり、翌日両親を車で佛乗寺まで連れてくる予定でした。しかし、前日に魔が入り、父が体調不良を理由に佛乗寺には行かないと言いはじめました。すると母も今更改宗しても何も変わらない、面倒な事が起きるだけだ、と一緒になって反対してきました。私は一生懸命両親に対して、この信心の素晴らしさを伝えました。すると、父も本音で語ってくれました。「体調が悪く、鼻水や咳がひどく、人前に出て恥ずかしい姿を見せたくない。」それが佛乗寺に行きたくない理由でした。家で御授戒が受けられるのであれば受けたい、とはっきり言ってくれました。ここは父を信用してあげなくてはいけないと思い、次回にしようと決めました。父は自分は体調が悪いので、自分の分まで母に受けてくるようにと、母を説得しはじめました。すると、母は佛乗寺行きを承諾し、翌日、中央高速でお寺に向かいました。また、魔が入り調布インターの2キロ位手前で事故による渋滞があり、車が完全に動かなくなりました。二時の御本尊下附には絶対間に合わないと思っていると、調布インターの出口まで十分もかからずたどり着きました。二時ちょうどにお寺に到着し、無事、御本尊様を頂くことが出来ました。

 今回の折伏を通じて、自分の仕事に対しての大きな功徳を頂きました。通常誰が行っても絶対取引成立しないと言われ続けてきた仕事が、突然動き出し、無事仕事を終える事が出来ました。さらに、取引相手からは自分の一番大切にしている車をプレゼントしましょうと言う事で、念願の車輌を頂く事も出来ました。以上で発表を終わります。ありがとうごました。
地区長会レポート
 平成十七年十一月二日、第九四回の地区長会が開かれた。ここに約二十名の地区長が参加をした。特に折伏推進の話に熱がこもった。

 まず野島講頭から、講頭会などで日顕上人猊下の御指導を受けた話の中から各地区長に伝えたいメッセージがある旨を話された。

 猊下様は一年に一人が一人、ないしそれ以上の折伏をやっていきましょうとおっしゃる。この結果が出ないところに、自分の信心の姿勢を反省しなければならない。結果が出ないのは信心に何かが欠けているのであり、自分に対して何かをごまかしているのだという厳しい内容の話であった。各地区長も身の引き締まる思いをした話だった。

 そこに室井折伏委員長から、具体的な折伏の活動のあり方についての話が始まった。

 地方別広布推進僧俗指導会で石毛大講頭が、折伏実践の方途について具体的な五項目を挙げている。@御本尊様に誓願を立てるAみんなで折伏に歩くB具体的な仕方・方法とはC臆病にては叶ふべからずD唱題の大事、である。

 詳細については、大白法九月十六日号を再読してもらいたい。室井さんの話も石毛大講頭の話の内容に関連するものだった。それは、折伏は一人でやるのではなく連絡をとり合ってみんなで実行することの大切さについてである。個人一人で動くのではなく、周りの人たちを良い意味で巻き込むこと。お互いの歓喜が高まって折伏することが当たり前の生活となればよいということである。

 大聖人様が『崇峻天皇御書』に、
「すぐろくの石は二つ並びぬればかけられず。車の輪は二つあれば道にかたぶかず。敵も二人ある者をばいぶせがり候ぞ」(御書一一七一頁)
と仰せである。壮年、婦人、青年の垣根を越えて、皆で信心の喜びや折伏の楽しさを体で味わうようになれれば、今の佛乗寺の勢いからして折伏達成は絶対に可能だという力強い信念が室井さんの体からみなぎっていた。

 そして最後に御住職の御指導である。

 この日、笠原御住職はかつてお世話になった御僧侶のお葬式に出席された。既に意識のない病人のお見舞いに訪れた人が、静かに病室でお題目を唱えたところ、閉じていた目がパッと開いて一滴の涙が流れたそうである。臨終の時に自分の為に題目を唱えてくれる人の存在がどんなに有難いことかを物語る話だった。大聖人様は、「臨終のことを習ふて後に他事を習え」と御指南である。折伏をするということは、臨終の時に自分にお題目を唱えてくれる人をつくることなのだと、力強い信念のこもった言葉で御住職は皆に御指導されていた。
編集後記
 先月、蒲田の宝淨寺において、本院と別院の新築落慶法要が御法主上人猊下の大導師のもと奉修された。幸運にも私も地方部青年部からのお手伝いの要員として御奉公させて頂く事が出来た。

 当日は朝六時半が集合時間となっており、別院の本堂に宝淨寺支部の壮年・婦人・青年部の方達が大勢集まり、大村御住職の導師による読経唱題でスタートした。

 本院と別院を猊下様が御移動され、その間に参詣信徒の総入れ替えを行う等、大変な過密スケジュールであったが、すべて滞りなく終了する事ができ、歓喜の涙を流す方々も見られた。この法要に向け、力の限りを尽くされたのであろうその方々の信心がとてもまぶしく、尊敬の念を抱かずにいられなかった。同時に、来年は自分達の番だぞと身の引き締まる思いであった。

 記念撮影終了後本堂の掃除をしていると、そこへ猊下様が最後の御挨拶にお出ましになられた。私を含め六人は邪魔にならないよう小さなモニタールームへ入り肩を寄せ合い合掌し息をひそめた。その時御書の、「汝蘭室の友に交わりて麻畝の性となる」並びに、「麻の中のよもぎ墨うてる木の自体は正直ならざれども自然に直ぐなるがごとし」が思い起され目頭が熱くなった。さらに、いつまでも信心がよもぎのようであってはならない、一刻も早く自らも麻となり、お互いに支えあってどんどん成長する、新しい仲間が正しく御本尊様の功徳をいただくことができる、そのような青年部へと前進を遂げていけるように、また具体的な形の上にあらわしてゆかねばとの思いを新たにした。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺