平成19年2月号
御報恩御講拝読御書

太田入道殿御返事 (御書九一三頁)
建治元年十一月三日 五四歳

太田入道殿御返事 (御書九一三頁)

身は邪家に処して年久しく、心は邪師に染みて月重なる。設ひ大山は頽るヽとも、設ひ大海は乾くとも此の罪消え難きか。然りと雖も宿縁の催す所、(又今生に慈悲の薫ずる所、存の外に貧道に値遇して)改悔を発起する故に、未来の苦を償ひ現在に軽瘡出現せるか。(彼の闍王の身瘡は五逆謗法の二罪の招く所なり。仏月愛三昧に入って其の身を照らしたまへば悪瘡忽ちに消え、三七日の短寿を延べて四十年の宝算を保ち、兼ねては又千人の羅漢を屈請して一代の金言を書き顕はし、正・像・末に流布せり。此の禅門の悪瘡は但謗法の一科なり。)所持の妙法は月愛に超過す、豈軽瘡を愈やして長寿を招かざらんや。

【通解】

 誤った教えを信ずる家に生まれて長い間過ごしてきた結果、心は知らず知らずの間に、誤った教えに染まり、謗法の罪を重ねている。その罪の深さは、大きな山が崩れるようなことがあったとしても、また、大きな海が干上がるようなことがあったとしても、謗法の罪は消えがたいものなのである。

 しかしながら、前世の縁によって法華経を信ずる心が誘い出されたものか、また今生において仏の慈悲によって教化されたものか、思いの外この度日蓮とめぐりあうことにより、過去の誤った信仰を悔い改め、法華経の信仰に励むようになった。本来ならば、過去の罪により未来には大きい苦しみを受けるべきところを、軽い腫れものとして現れているのである。未来の大きな苦しみを現世に軽く受けることができているのである。

 阿闍世王の身に悪い腫れものができたのは、五逆罪と謗法の二つの罪を犯したからである。しかし、釈尊が「月愛三昧」に入られ、阿闍世王の身を光で照し、悪瘡を癒された。阿闍世王は残りわずか二十一日間の寿命であったものが、その後四十年の寿命を得ることができた。この仏の慈悲に感謝した阿闍世王は、その間、多くの仏弟子に膝を屈して願い出て、仏の貴いお説法をとりまとめ、経文として後生のために残すという大事業を完成した。

 今のあなたの身の上におこっている悪瘡の原因は、過去における謗法のみである。また所持する妙法の教えは釈尊の月愛三昧よりもはるかに勝れたものである。軽い腫れものを癒して長寿を受けることは間違いがない。

今月の主な行事
2月 1日 永代経
2月 3日 節分会
2月 4日 広布唱題会
2月 7日 興師会
2月10日・11日 御報恩御講
2月16日 宗祖日蓮大聖人御誕生会

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺