平成19年4月号
御報恩御講拝読御書

異体同心事 (御書一三八九頁)
弘安二年八月 五八歳

異体同心事 (御書一三八九頁)

白小袖一つ、あつわたの小袖、はわき房のびんぎに鵞目一貫、並びにうけ給はりぬ。はわき房・さど房等の事、あつわらの者どもの御心ざし、異体同心なれば万事を成じ、同体異心なれば諸事叶ふ事なしと申す事は外典三千余巻に定まりて候。殷の紂王は七十万騎なれども同体異心なればいくさにまけぬ。周の武王は八百人なれども異体同心なればかちぬ。一人の心なれども二つの心あれば、其の心たがいて成ずる事なし。百人千人なれども一つ心なれば必ず事を成ず。日本国の人々は多人なれども、同体異心なれば諸事成ぜん事かたし。
 日蓮が一類は異体同心なれば、人々すくなく候へども大事を成じて、一定法華経ひろまりなんと覚へ候。悪は多けれども一善にかつ事なし。譬へば多くの火あつまれども一水にはきゑぬ。此の一門も又かくのごとし。
 其の上貴辺は、多年としつもりて奉公法華経にあつくをはする上、今度はいかにもすぐれて御心ざし見えさせ給ふよし人々も申し候。又かれらも申し候。一々に承りて日天にも大神にも申し上げて候ぞ。

【現代語訳】

 伯耆房が登山のおりに、貴方からの御供養である、白い小袖を一枚、厚い綿の入った小袖、さらにに鵞目を一貫、確かにお受けいたしました。
 伯耆房や佐渡公、また熱原の法華講衆の御本尊様に対する無二の志が、異体同心でありましたから万事をなすことが出来ました。反対に、同体異心であればどのようなことも叶わないということは、中国や日本に数多くある書物の中で説かれ定まったことです
 歴史の上からみても、七十万騎の数を誇っていた殷の紂王と、随うものわずか八百人の周の武王が戦った時に、同体異心の紂王が敗れ、異体同心の武王が勝ちました。このことから、一人の心ではあっても二つの心があれば、心の中で反目しあって願を叶えることはできず、百人千人と言う多くの人であっても、各々の心が一つであれば必ず事を成し遂げることが出来るのです。同じように、日本国の人々は数多くいますが、残念ながら心が別々であるから諸々のことを成就出来ないのです。
 日蓮の一門は日本国の他の人々と違い、異体同心であります、人数は少ないけれども大事を成し、広宣流布は間違いありません。
 念仏や真言の教えを守り、正法を誹謗する悪人は多くおりますが、南無妙法蓮華経と唱える一善に勝つことはありません。たとえば盛んに燃える火であっても水を掛ければ消えるようなものです。日蓮の一門もこれと同じです。
 その上貴方は、永年法華経の信仰を強信にされております。この度の熱原におけることにも、これまで以上に勝れた信仰心を出され、精進されたことを回りの人々も認め、そのことを話されております。また、伯耆房達も申しておりました。これら一つひとつを日蓮が承り、諸天善神にも申し上げます。

今月の主な行事
4月 1日 永代経、広布唱題会
4月 6日〜7日 総本山において御霊宝虫払大法会
4月 7日〜8日 御報恩御講
4月28日 立宗会
4月29日 立宗会並びに仏乗寺第25回支部総会

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺