平成20年3月号
日蓮大聖人御報恩御講

〜 今月の拝読御書 〜
報恩抄 (御書一〇三六頁)

日蓮が慈悲曠大(こうだい)ならば南無妙法蓮華経は万年の外(ほか)未来までもながる(流布)べし。日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ。此の功徳は伝教・天台にも超へ、竜樹・迦葉にもすぐれたり。極楽百年の修行は穢土(えど)の一日の功に及ばず。正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか。是はひとへに日蓮が智のかしこきにはあらず、時のしからしむるのみ。春は花さき秋は菓(このみ)なる、夏はあたヽ かに冬はつめたし。時のしからしむるに有らずや


日蓮大聖人御書:「報恩抄」
今月の主な行事
3月1日 永代経
3月2日 広布唱題会
3月9日 御報恩御講
3月20日 春季彼岸会
3月28日 立宗内証宣旨報恩会

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺