平成21年9月号
日蓮大聖人御報恩御講

〜 今月の拝読御書:乙御前御消息 〜
乙御前御消息 (御書八九六頁)

女人は夫を魂とす。夫なければ女人魂なし。此の世に夫ある女人すら、世の中渡りがたふみえて候に、魂もなくして世を渡らせ給ふが、魂ある女人にもすぐれて心中かひがひしくおはする上、神にも心を入れ、仏をもあがめさせ給へば、人に勝れておはする女人なり。鎌倉に候ひし時は念仏者等はさてをき候ひぬ。法華経を信ずる人々は、志あるもなきも知られ候はざりしかども、御勘気をかほりて佐渡の島まで流されしかば、問ひ訪ふ人もなかりしに、女人の御身としてかたがた御志ありし上、我と来たり給ひし事うつゝならざる不思議なり。其の上いまのまうで又申すばかりなし。定んで神もまぼらせ給ひ、十羅刹も御あはれみましますらん。

日蓮大聖人御書拝読と御法話
今月の主な行事
9月1日 永代経
9月6日 広布唱題会
9月12日 御難会
9月13日 日蓮大聖人御報恩御講
9月23日 秋季彼岸会

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺