平成21年12月号
日蓮大聖人御報恩御講

〜 今月の拝読御書:南条殿御返事 〜
南条殿御返事 (御書 八八三頁)

在世の月は今も月、在世の花は今も花、むかしの功徳は今の功徳なり。その上、上一人より下万民までににくまれて、山中にうえしにゆべき法華経の行者なり。これをふびんとをぼして山河をこえわたり、をくりたびて候御心ざしは、麦にはあらず金なり、金にはあらず法華経の文字なり。我等が眼にはむぎなり。十らせつには此のむぎをば仏のたねとこそ御らん候らめ(新編御書八八三頁)

日蓮大聖人御書拝読と御法話
今月の主な行事
12月1日 永代経
12月6日 広布唱題会
12月13日 日蓮大聖人御報恩御講

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺