日蓮正宗向陽山佛乗寺 ご案内
佛乗寺建設風景

佛乗寺新築落慶法要までの歩み

 日蓮正宗総本山多宝富士大日蓮華山大石寺の末寺である当佛乗寺は、東京都杉並区(JR中央線西荻窪駅北口徒歩約10分)の閑静な住宅街の中にあります。

 御住職の御指導の下、講中一人一人の罪障消滅と一生成仏、そして周りの人々の幸福を願う信心修行に励んでおります。

 現在佛乗寺では、多数の法華講信徒の方々と共に総本山大石寺に法灯連綿と伝えられる御本仏日蓮大聖人様の御教えを正しくたもち、そして周りの方々に、どこまでも正しくお伝えして行こうと日夜精進しております。

■所在地:〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-29-12
■開門時間  午前7:00〜午後9:00

■朝夕の勤行
 朝の勤行:毎日午前7時より
 夕の勤行:毎日午後5時半より

■永代経(御経日)
 毎月1日

お経日のご案内
〜 「千日尼御前御返事」を拝して/お経日御法話より 〜
世界中から争いが消滅し、争いで子供を亡くす母親の悲しみが無くなることを祈ろう。

日蓮大聖人は
「父の恩は高き事須弥山も猶ひきし。母の恩の深き事大海還って浅し。相構へて父母の恩を報ずべし」(上野殿御消息・平成新編御書九二二頁)
と、父母の恩の大きさを教えて下さいます。

 仏教では、「現世での孝養」からさらに深い「来世の孝養」を説きます。彼岸やお盆の行事、またお墓参り等は亡きご両親やご先祖への孝養を実践する姿です。

 佛乗寺では毎月1日に御経日として、亡き方々への供養を行うとともに、日蓮大聖人のお手紙(御書)を通して追善供養の意義や方法を学んでいます。

 父母への孝養に励み、私たちの生き方を考える機会にしませんか。少しでも世のためになれますように。



■広布唱題会
 毎月第1日曜日

広布唱題会のご案内
〜 総本山を中心に全国一斉に唱題 〜

 総本山大石寺において御法主上人猊下大導師のもとに奉修される広布唱題会。毎月第一日曜日午前9時より総本山を中心に全国の日蓮正宗寺院で一斉に行われております。

 自他の幸福を願う広布唱題会にぜひ参詣させていただきましょう。


■宗祖日蓮大聖人御報恩御講
 御逮夜:毎月第2土曜日
 御正当会:毎月第2日曜日

宗祖日蓮大聖人御報恩御講のご案内
 宗祖日蓮大聖人御報恩御講は毎月第2日曜日に奉修されております。

 仏祖三宝尊様に厚く御報恩感謝申し上げると共に、日蓮大聖人の御書を拝して信心倍増と正しい行学を身に付けます。

 第二祖日興上人は『遺誡置文』において、
 「当門流に於ては御抄を心肝に染め極理を師伝して」(新編御書一八八四頁)
とご教示されています。即ち御本仏大聖人の御金言である御書の一文一句を心肝に染めることは、信仰の上から大切であり、それには仏法の極理を師伝される御法主上人の御指南に随順して、はじめて正しく理解し心肝に染めることができるのであり、正しく信行学を身に付けることが肝要です。

※志のある方はどなたでも参詣頂けます。
宗旨建立750年の法灯のもとに
〜老若男女が集い共に精進〜

総本山大石寺客殿前にて/平成14年9月14日撮影




総本山大石寺広布の広場にて/平成15年9月28日撮影
街頭にて下種折伏活動
  

〜 道行く人々に正法帰依を呼びかける御住職と法華講員 〜
 夕方のラッシュ時の駅近く、慌しく行き交う人々の中にも、そっと立ち止まり、熱心に耳を傾けてくださる方々の姿がありました。
<日蓮正宗向陽山佛乗寺外観>
<佛乗寺へのアクセス 略地図>
※佛乗寺では、毎日午前7時からの早朝勤行以降、午後9時まで開門しています。ご用の方は「受付」にてご相談ください。



日蓮正宗向陽山佛乗寺