第20回

狡猾な池田大作創価学会
 ある雑誌に、「小泉首相の靖国神社参拝には反対といっています」という意味の見出しで、池田大作の高弟?らしき者が登場している。

 小泉首相も落ち目か!とつい同情をしてしまいそうである。

 それにしても、彼らは恥というものがないのであろうか。昨年の郵政民営化選挙で、刺客を支援したのはいったいだれ。

 節操のない姿に開いた口がふさがらない。政治を意のままにしようとする狡猾な意図のほんの一端があぶり出された感のあるある雑誌の見出しである。それはまた混迷する今日の政治状況を考える好機であろう。

無断転載複写等禁止