日蓮正宗佛乗寺法華講青年部 週刊向陽


週刊向陽/第 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190

← 第171〜180号    
第191〜200号 →

第181号 目次  平成18年 7月16日

○ 宗祖日蓮大聖人御報恩御講 奉修
○ 立正安国論正義顕揚七五〇年まであと3年


○ 文応 元年 7月16日 大聖人様、「立正安国論」を幕府に奏進
○ 寛政 9年 7月11日 総本山第四十二世日厳上人様御正当の日
○ 明治10年 7月 9日 総本山第五十一世日英上人様御正当の日
日蓮大聖人御報恩御講 奉修
 七月度の日蓮大聖人御報恩御講が8日・9日・13日と御住職の御導師のもとに奉修され、多数の方々がお寺に参詣され、仏祖三宝様に厚く御報恩申し上げました。
立正安国論正義顕揚七五〇年まであと3年
 大聖人様が、畢生の書「立正安国論」を著され、ときの最高権力者であった北条時頼に奏進された文応元年(1260年)7月16日より747年をむかえました。

 惨い事件等に象徴される人心の荒廃、異常極まりない近年の風水害等の天変地妖、そして新興宗教権力の台頭と国内外の悪政等々、益々混迷の度合いが増すばかりの世の中ですが、魔と悪に屈することなく、明るく楽しく精進して参りたいと思います。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺