日蓮正宗佛乗寺法華講青年部 週刊向陽


週刊向陽/第 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310

← 第291〜300号    
第311〜320号 →

第310号 目次  平成21年4月3日

○ 永代経
○ 100日間唱題行始まる
○ 立宗内証宣旨報恩会


○ 建長 5年3月28日 大聖人様、宗旨建立の内証を宣旨
○ 文永 9年4月 3日 大聖人様、一谷へ移居
○ 文化元年4月     洞ノ口法難起こる
永代経
4月1日、今月の永代経の法要が御住職の御導師により厳粛に奉修されました。

これには講中より多数の方々がお寺に参詣され、御塔婆建立をお願いし、心より先祖代々有縁の諸精霊へ追善供養申し上げました。

法要の後、御住職より『唱題行』についてご指導を賜わりました。
100日間唱題行始まる
諸法実相抄(御書666頁)

日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか。地涌の菩薩に定まりなば釈尊久遠の弟子たる事あに疑はんや。経に云はく「我久遠より以来是等の衆を教化す」とは是なり。末法にして妙法蓮華経の五字を弘めん者は男女はきらふべからず、皆地涌の菩薩の出現に非ずんば唱へがたき題目なり。日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人三人百人と次第に唱へ伝ふるなり。未来も又しかるべし。是あに地涌の義に非ずや。剰へ広宣流布の時は日本一同に南無妙法蓮華経と唱へん事は大地を的とするなるべし


来るべき「『立正安国論』正義顕揚750年記念7万5千名大結集総会」に向かって、4月1日より100日間、僧俗一丸となって1日2時間の唱題行がいよいよ始まりました。

御法主上人猊下の御指南によりお題目を心行くまで唱えることが出来る身の福運を感謝し、精進して参りたいたいと存じます。
立宗内証宣旨報恩会
3月28日、総本山において立宗内証宣旨報恩会が御法主上人猊下大導師により厳粛に奉修されました。

日蓮大聖人様が宗旨建立の内証を宣旨あそばされた日に、総本山に思いを馳せ、心を一つに御報恩申し上げました。

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺