日蓮正宗佛乗寺法華講青年部 週刊向陽


週刊向陽/第 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330

← 第311〜320号    
第331〜340号 →

第323号 目次  平成21年7月3日

○ 永代経 奉修


○ 正安 元年7月1日 日目上人様、京都六波羅探題において
                念仏僧十宗房道智を論破
○ 嘉暦 3年7月    『五人所破抄』が草される
○ 文明15年7月3日 『有師化儀抄』が録される
○ 宝暦 7年7月    讃岐法難起こる
○ 文政 8年7月    尾張[文政度]法難起こる
○ 安永 3年7月3日 総本山第三十五世日穏上人様御正当の日
永代経 奉修
7月1日、今月の永代経の法要が御住職の導師により奉修され、多くの法華講衆がお寺に参詣し、御塔婆を建立し、有縁の方々へ心より追善供養申し上げました。

読経唱題の後、「日蓮大聖人御書から見える『立正安国論』の意義」について、御住職より御法話を賜わりました。

日蓮大聖人御書から見える『立正安国論』の意義

文責編集部 転載複写等禁止



日蓮正宗向陽山佛乗寺